2006/03/30

美味しいエビス

Syebisu
明日からセリーグも開幕となりますが、プロ野球が始まると春になった感じがします。東京の桜は満開みたいです。でも、寒さと強風でこの週末まで見ごろは保っていられるのでしょうか。
花見でもビール、野球観戦でもビールですが、お友だちのようなビールの中でも、美味しいエビスビールが早く飲みたい今日この頃です。大空の下で飲むビールは最高です。やっぱりドームなんかじゃあダメですね。WBCの中継だとアメリカはほとんど屋外のスタジアムみたいですね。自然の触れ合いながらビールがナンバーワンでしょう。
追伸、この時期のドーム以外のナイターはビールじゃなく、熱燗で体の芯から温まるのが一番ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/25

蕎麦屋の酒はうまい

s-okuyami
そう教えてくれたのは「ソバ屋で憩う」の著者、杉浦日向子さんでした。あまりに突然の訃報に驚いています。心から故人のご冥福をお祈り致します。
杉浦さんの影響でソバ屋でお酒を飲むことを覚えたと言っても過言ではありません。以前「ソバ屋に憩う」に載っていた九段一茶庵にお邪魔して、湯豆腐で一杯やった時の感動は今でも忘れません。九段一茶庵は、焼き味噌、汲み上げ湯葉、鴨焼きなども美味しいのですが、出来立てのお豆腐を薦められた時に味わった熱々の湯豆腐のほのかな豆の香りと鉄瓶から注がれた日本酒のひんやりとしたノド越しの旨さは、まさに蕎麦屋でお酒を飲んで幸せだと実感させられた瞬間でした。久しく九段一茶庵には足を運んでいませんが、お店を入って右側の小上がりが好きでした。杉浦さんの面影を偲びながら、あの鉄瓶から注がれるお酒をじっくり味わってみたいと思います。そして最後はきっちりとせいろで〆て蕎麦湯を堪能してきます。
追伸、鞍馬も翁も焼き味噌だけで美味しいお酒が飲めて大好きです。さらしな乃里、香り家、くろ麦、更科堀井などなど「ソバ屋で憩う」をバイブルのようにしてソバ屋に通っていた時期がありました。もう、あの粋な着物姿をテレビで拝見することはないのですね。寂しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/12

癒しのポトス

s-potos
殺風景な部屋の中に一鉢だけ観賞用の植物を飾っています。生命力が旺盛なポトスのなのですが、最近カーペットの上を這うようになってしまいました。本当は枝を切ってコップに挿しておけば部屋が明るくなるのでしょうが、性格的にひとつを管理するのが精一杯です。そのために思い切って枝を落として鉢に収まるようにしました。これで当分の間は大人しいポトスの感じになりそうです。
追伸、ポトスの枝を落としながら「ゴメンネ」と呟いていました。植物とはいえせっかく伸びた枝や葉っぱを切ってしまうのはとっても可哀想な気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

星に願いを

s-amanogawa
今夜は七夕です。結構今日はこの話題が多いんでしょうね。あいにくの天気で天の川は見えませんが、星の代わりに星に関係する曲を聴いてみて下さい。ディズニーの「星に願いを」です。星空を見上げながら聴く曲としてはオススメです。
追伸、ディズニーのスタンダードと言えば、ビル・エヴァンスが演奏する「いつか王子様が」も大好きです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/06/25

女子ゴルフ 人気の源

sm_whi
朝から全米女子オープンゴルフを見てました。期待されていた宮里藍選手は惜しくも予選落ちになってしまいましたが、アマチュアのミシェル・ウィー選手は見事なプレーで予選を2位で通過しました。ウィー選手はまだ15歳ですから、世界には凄い選手がいるものです。テニス界のシャラポワ選手も人気実力とも凄いですが、ウィー選手も世界のアイドルになっていくのでしょう。これからの活躍が楽しみですし、女子ゴルフ界の人気も今まで以上に高まっていくと思います。それにしても、ウィー選手は身長183cmですから、藍ちゃんと体格が違いすぎますね。いくら道具が進歩したといっても体格差のハンディは大変だと思います。
追伸、全米女子オープンを見ていて、向こうの選手はスカートの似合う選手が多いですね。ウィー選手もそうですが、すらっと伸びた脚を強調するかのようなミニスカートがとても似合っていました。どうして日本の選手はスカートを履かないのでしょうか?ファンの視線を浴びると脚線美が良くなるはずなのにちょっと残念です。藍ちゃんだって脚を出せば、スタイルも良くなるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/06/21

白黒テレビのヒーロー

s-rikidouzan
総合格闘技の原点はプロレスにあると思っています。筋書きがあるファイトとは別の楽しみ方を求めて今の総合格闘技と呼ばれる「PRIDE」にまで進化したのでしょう。原点のプロレスを広めた悲劇のヒーローと言えば故力道山です。ジャイアント馬場もアントニオ猪木も力道山がいたからこそ生まれてきたヒーローであり、力道山がいなかったら日本の格闘技界は違ったものになっていたと思います。先日近くに行ったついでに、その力道山のお墓を訪ねて池上・本門寺に寄ってきました。でも、気まぐれで行ってしまったので、お墓を見つけるのに大変苦労してしまいました。無敵の空手チョップを見ることはもうできませんが、白黒テレビ時代のヒーローが何故だか強烈に印象に残っています。
追伸、近くに眠狂四郎で有名な市川雷蔵のお墓もあったそうですが、残念ながら気がつきませんでした。円月殺法好きだったな~田村正和の眠狂四郎も良かったな~今だったら、ホークスの和田投手の眠狂四郎が見たいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/01

単身赴任一周年

s-snack
6月1日で単身生活2年目に突入しました。週末は家の方に帰って来られるので、そんなに苦労はなく別荘生活のような感じでした。でも、食生活はあまり変化がないので、少しマンネリ化しています。そう言いながらも、この季節はビールがあれば幸せでしょうか。そして、ビールのお供に欠かせないのがカールとスライスチーズと冷凍のソラマメです。これさえあれば、幸福感が味わえるというのも単身赴任ならではのものなのでしょうね。
追伸、昨日シャラポワ選手のことを記事にしたら、ベスト8で敗れてしまいました。次のウインブルドンでNo.1になることを楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/31

世界のスター

sharapova
先日の軽井沢で風邪をもらってきてしまい、ぜいぜい息をしながらなんとか生きています。こういった調子の悪い時にコートの妖精・シャラポワの活躍を見るとパワーをもらいたくなります。やっぱり強くて美しいというのは魅力的ですね。相撲の二子山親方が亡くなりましたが、相撲で言えば横綱貴乃花は絵になっても、曙は絵にならないのと同じだと思います。シャラポワのように絵になる選手が本当の世界のスターだと思いますが、シャラポワには是非とも全仏を優勝で飾って「世界No.1のスター」と呼ばれることを期待します。
追伸、シャラポワのような美しさはありませんが、プロゴルファーの宮里藍選手も狭い日本を活躍のフィールドにすることなく、愛嬌のある藍スマイルと実力で世界のスターの仲間入りをめざしてもらいたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/24

突然、エースをねらえ!

s-ochofujin1
最近はリバイバルで、懐かしいアニメが実写版になって復活しています。ドラマは見ていないのですが、急にふと気になることを思い出しました。テニスを題材にした「エースをねらえ!」で、一番濃いキャラは「お蝶夫人」でしょう。でも、何故「お蝶夫人」なのでしょうか?優雅で華麗なプレーから「お蝶夫人」と呼ばれていたと記憶しているのですが、お蝶夫人=蝶々夫人?の図式なのでしょうか。オペラ蝶々夫人は、父親が切腹したため仕方なく芸者になり、外国人の夫の裏切り行為に遭い自殺してしまうという悲劇のヒロインです。お蝶夫人とはイメージが合わないので、「お蝶夫人≠蝶々夫人」でしょう。
とすると、その頃活躍したプロボクサー「モハメド・アリ」のキャッチ「蝶のように舞い、ハチのように刺す」と同じプレースタイルから、「お蝶夫人」とつけられたのでしょう。でも、どうして「夫人」なの?です。結婚していないのに「夫人」は間違いでしょう。言葉で「おちょうふじん」と言っても、漢字に直したら正しくは「お蝶婦人」ですよ。トイレの表示だって「紳士用」「婦人用」です。「夫人用」だったら既婚者以外は使えないじゃないですか~こうなったら「お蝶夫人」の旦那を探してみますか~
追伸、「エースをねらえ!」の主人公の学校は県立西高校でしたが、当時全国にある○○西高校の倍率が、このアニメの人気と同様にアップしたという噂が広がりました。この噂が真実かどうかは定かではありませんが、写真は実際に一昨年販売された幻のドリンク・ダイドー「お腸夫人」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/13

自由の女神

s-jiyuunomegami
この間のGWにお台場に行って来ましたが、お台場近辺にはいろいろ楽しめる場所があります。一番好きなのは有明の東京ビッグサイトのベンチから飛行機をのんびり眺めていることでしょうか。お金もかからずに半日は楽しめます。でも、日差しが強いと知らない間に日焼けしてますから気をつけて下さいね。
レインボーブリッジを眺めながら沈む夕日を眺めるのもいいですね~といいながら夕日が沈むところまで眺めていたことはないのですが、ボーっと潮風に吹かれていると何だか自然のエネルギーをもらったような気分になります。ちょっと仕事に疲れた時なんかにお台場に行けたら最高なのでしょうが、離れているのでそんなことはできません。でも、お台場の写真を見ているだけでも何となく元気になるような気がしませんか?ほうーら、元気になってきた~(気のせいかな~)
追伸、好きな映画のひとつに「ゴーストバスターズ」があります。一作目のスノーマンが大好きでしたが、2作目の自由の女神を操るところも結構気に入ってます。一度でいいから自由の女神を自分で動かしてみたいな~

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧