« 金沢・1泊2日の旅(食べ物編1) | トップページ | 好きな場所 »

2006/03/13

金沢・1泊2日の旅(食べ物編2)

s-tenpura
こちらは天ぷらですが、地元の野菜である加賀大根の金時草と加賀蓮根を食べることに熱中していたので、一緒に出てきたお魚が何だったか忘れてしまいました。お塩でいただく加賀野菜は素朴な味がしました。京都と同じように独特な野菜に触れることができるのも金沢の良さですね。

s-buridaikon
そして、これが定番のブリ大根ですね。この頃にはお腹が一杯になってきて食べる速度が遅くなってきていました。本当は単品で白エビや梅貝も食べたかったのですが、とてもそこまで注文するお腹の余裕はなくなっていました。

s-daimyomakis-arajiru

そして最後は大名巻とあら汁ですが、稚貝やいろいろなお魚の出汁が出ているあら汁はお味噌汁の3倍くらいの量でしたが、気合で飲み干しました。

s-wateshoku
翌日は宿泊先の金沢都ホテルの7階にある「杜若」で朝食をいただきました。金沢は美味しい水が豊富にあるような感じがしますが、お店でいただくご飯やお味噌汁はどこも大変美味しく感じられました。
この和定食のご飯もおかずがいらないくらい美味しいお米でした。


s-sushis-jibunis-notogaki

お昼は香林坊のアトリオ(老舗百貨店・大和)の8階にある鮨処「吉祥」の治部煮と寿司セットをいただきました。ランチメニューでしたが、小振りで上品なお寿司でした。追加で能登牡蠣と蟹味噌握りにからし菜巻きを頼みました。せっかく海の幸を期待して注文した割にはいささか上品過ぎました。もう少しネタもご飯もボリュームがほしいと思いました。治部煮は具沢山で美味しくいただけただけに残念でした。


夕食は以前の記事に書いたとおり、金沢駅にある百番街で「柿の葉寿し」と「たらばの棒寿し」を買って自宅で食べました。お昼から夕食のまで間はお土産屋さんで試食ばかりしていたので、ほとんど満腹状態でした。

|

« 金沢・1泊2日の旅(食べ物編1) | トップページ | 好きな場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75840/8659757

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢・1泊2日の旅(食べ物編2):

» 金沢 ホテル研究 [金沢 ホテル厳選サイト一覧]
金沢 ホテルのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007/08/18 11:29

« 金沢・1泊2日の旅(食べ物編1) | トップページ | 好きな場所 »