« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/21

上州名物 煮ぼうとう

s-nibouto
ほうとうと言えば甲州・山梨の名物として有名ですが、山梨のほうとうは味噌仕立てです。上州にも「煮ぼうとう」いう名物料理があります。こちらの方は醤油仕立ての味付けです。暑い夏の時期にもこの煮ぼうとうを食べさせてくれるお店がありますので、先日汗をかきながら食べて来ました。s-houtomen
そのお店は、太田市にある「六反田」です。このお店のほうとうの幅は4~5cmもあり、長いワンタンの皮を食べているような感じがします。そんな幅広い麺ですが、もちもちとした腰の強い感触が最後まで続きます。ほうとうというのは、具も沢山入っていて、うどんや蕎麦とは違った独特な麺の世界を持った料理だと思います。
追伸、最近は讃岐うどんのしこしこしたグミのような歯応えのある麺の腰強さが評価されていますが、そういう弾力感と違ったもちもちした感じの麺の腰の強さも捨てがたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/14

憩いの蕎麦屋 川上庵

s-kawakamian
麻布十番にある川上庵に行ってきました。暖簾をくぐり地下に降りていくと広々とした空間が広がり、和風の木の引き戸を開けると落ち着いた塗り壁調の内装に仕上げられた室内が目の前に開けます。そんなアジアンテーストの空間でいただくお蕎麦は、なんとなく本むら庵を思わせるような感じのお蕎麦でした。そばつゆと胡桃だれの2種類の汁で味わいましたが、両方とも濃い目の味付けでした。そばつゆは出し加減が強めで、蕎麦湯で伸ばしても最後まで旨さが残る辛目の味でした。また、胡桃だれの方は、まず最初に胡桃だれを口に含んで、あとから蕎麦を啜ると口の中でお互いのうまさが交ざり合って、普通に食べるよりは数段美味しくいただけました。これは胡桃だれが濃厚なため、蕎麦を猪口に入れるとどうしてもタレに負けてしまうと感じて咄嗟に思いついた食べ方でしたが、s-kawakamicake蕎麦を後から啜るのが一番美味しく感じられました。おしゃれなお蕎麦屋さんですが、その実力もなかなかなものだと思いました。
追伸、コースで頼んだため蕎麦湯でいい気分になった後からデザートをコーヒーが出てきましたが、口直しになるアイスクリームとコーヒーはまさに別腹でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/07

みかん氷

mikankoori1写真は横浜スタジアムの名物「みかん氷」です。フラッペの上に缶みかんの中身が乗っているだけの単純な食べ物ですが、かかっているシロップが缶みかんのシロップのようにサッパリしていて、他のカキ氷のような甘さが舌に残るような感じはありません。みかんの感触が氷で麻痺した舌の感覚を甦らせてくれるため、最後まで飽きることなく新鮮な感覚で食べることができます。横浜スタジアムで野球観戦をする機会がありましたら、是非ともお試し下さい。オススメです。
追伸、横浜スタジアムにはもうひとつ「YOKOHAMA BAY DOG」というホットドッグあるのですが、こちらの方は写真をとる前に思わず食べてしまったので、またの機会にご紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »