« 4月も半ば | トップページ | ローレライと宮崎作品 »

2005/04/18

パワーはライブで

s-pitinns-yousuke
週末は予定通り、山下洋輔のライブを聴いて来ました。ピアノプラス、ギターとドラムとベースの構成でしたが、ドラムの村上ポンタ秀一さんとの掛け合いは、ライブならでは意地の張り合いのような演奏でお互い年齢を感じさせない迫力でした。洋輔さんのピアノは、昔は狂気を感じさせるピアノだったのでしょうが、今は熱気を感じさせるピアノという表現が一番合っていると思います。今回のグループをリードしていたギタリストの三好功郎さんの演奏は初めてでしたが、さすがにテクニックは抜群で、洋輔さんともなかなか息の合ったところを見せてくれました。不器用な人間にとっては、器用な指の動きを見ているだけでうらやましくなってしまいますが、それプラス、素晴らしい旋律を奏でているのですから、もう素直に感動するしかないですね。
やっぱりライブハウスでの演奏はいいですね。距離が近いので、演奏者の息遣いが伝わって来ます。演奏前や途中の休憩の時間に控室でリラックスしている雰囲気も、笑い声や手を叩く音が客席の方まで届いてきました。
なんだか、ライブハウスにいるだけで元気になってしまいます。機会があれば、今日のギタリストの三好さんが一目置いている杉本喜代志さんの演奏を一度聴いてみたいと思いましたが、プロが認めるテクニックというのはきっと凄いんでしょうね。
テクニック抜群のギタリストというと実在の人物ではジミヘンとかクラプトンの名前が浮かんできますが、一番聴いてみたいのは小説の中の主人公・御手洗潔氏のギターでしょうか。でも、こればっかりは頭の中でチック・コリア&リターン・トゥ・フォーエバー「第7銀河の讃歌」の演奏を想像してみるしかないですね。(詳しくは小説「御手洗潔の挨拶」を)
追伸、むかしむかし「オールナイトニッポン」に葉書を出してチック・コリアのサイン色紙をもらいました。送られてきた当時は宝物だったのに、どこに行ってしまったんだろうか。記憶の中の宝物になってしまいそうです。

|

« 4月も半ば | トップページ | ローレライと宮崎作品 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワーはライブで:

« 4月も半ば | トップページ | ローレライと宮崎作品 »