« けんちん風 蕎麦 | トップページ | 食い入る魅力 »

2005/03/20

限定好き

maboroshinotaki
美味しい地酒が飲みたくて酒屋に行くと、久保田とか八海山とか有名どころが並んでいて迷ってしまいました。でも、目的は燗上がりのする酒を狙っていたので、有名な銘柄は無視していたのですが、冷温庫に並んでいる「幻の瀧」と目が合ってしまったのです。雄町錦の限定ものとあり、山田錦との味わいの差はよくわからないけれど、まずは味見ということで購入してしまいました。当然、燗酒用にも純米酒「加賀鳶」を購入して目的達成となったのですが、さきほど夕食の時に早速味見をしました。記憶が新しい旬の感想ですが、この「幻の瀧」美味しいです。黒部渓谷の水がいいのかお米がいいのかわかりませんが、スッキリとした飲み口の中に雑味のない豊潤な香りが広がっていきました。限定ものに弱いので正しい評価かどうかわかりませんが、この大吟醸酒は今夜の肴の「鰻の白焼き」にはぴったりの味わいでした。
追伸、グルメに関しては、ちょっとオススメを強調しすぎる感じがあったので、あまりプロパガンダ基調にならないように努めていきたいと思います。でも、世の中には安くて美味しいものが沢山あることだけは間違いないと思っています。これからも素直に「幻の味」を求めて美味探求していきたいと思います。

|

« けんちん風 蕎麦 | トップページ | 食い入る魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75840/3370668

この記事へのトラックバック一覧です: 限定好き:

« けんちん風 蕎麦 | トップページ | 食い入る魅力 »