« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

衝動買いに近い買い物

s-e-dictionary今日までに使わなくてはならない会社のカフェテリアポイントが200点あった。1点100円なので、2万円まで使えるのだが、用途が限られていたため電子辞書を購入した。購入理由は強いて言えば、最近小さい文字が見えにくくなってきたということだろうか。とりあえず、思い切って今流行の電子辞書を手に入れたのだ。音声が出るのはちょっと高くて手が出せなかったが、ほぼポイントジャストで買えたので満足している。いろいろな辞書が入り過ぎていて使いこなせるかどうかは疑問だが、文字が大きくて結構便利な機能がついている。これは電子辞書というより、中年にとっては、天使のような辞書、「天使辞書」かもなんていう駄洒落が浮かんだが、エンジェルディクショナリーの略って「ED」?なんて、バイアグラ世代?は余計なことまで考えてしまったのである。早速、天使辞書で確認して見るとエンジェルは「Anjel」なので「AD」だったなどと安心してしまったのであった。やっぱり便利な「AD」である。
追伸、変な納得の仕方をしたのだが、本体カバーには「e-dictionary」と書いてあったので、結局「ED」が正式の略になるのだろう(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/30

君こそスターだ!

s-kimikosostardaやっと勝ちましたジーコジャパン。今夜の主役は俊輔です。勝ち点3を獲得したことで今後の展開を有利に進められますね。イラン戦から禁酒をしてましたが、今日こそ祝杯です。俊輔!「君こそスターだ」前回はボロボロだったけど、今日は本当に頑張ったね。ヒデもよくやったよ。とりあえず、もう喉がカラカラなのでこの辺で。
追伸、バーレーンの選手を見ていると何故かアンガールズを思い出してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/29

トルコライスとナポリライス

s-kakuni
今夜のおかずは豚の角煮です。豚の角煮といえば長崎名物の卓袱料理に出されることで有名ですが、この「卓袱」(しっぽく)という字がなかなか読めですよね。長崎の名物から読み方を探したりするしかなかったりして、ちょっと大変ですよね。こういう難しい読み方をする漢字は「ふりがな」付きで記載してもらいたいと思ってしまいます。
さて、長崎名物と言えばこの「卓袱料理」と「ちゃんぽん」と「皿うどん」が一般的ですが、この三つは以前は長崎に行った時に現地で制覇してきました。でも、「トルコライス」という名物だけは食べることが出来なかったので、もう一度長崎に行く機会があれば「トルコライス」を食べてみたいと思っています。やっぱり、名物はその土地で食べないと感激しないと思います。だってリンガーハットで食べる「ちゃんぽん」じゃあ少しも感激はないですからね。でも、トルコライスを食べる前に、まずは魚介トマトソースがかかった「ナポリライス」を山梨の銘酒・七賢が飲める銀座の「元酒屋」で食べてみたい気分です。
追伸、コラムニストの泉麻人さんは「オリエンタルライス」を探しているそうです。オリエンタルカレーなら名古屋では有名なのですが、今では八丁味噌仕立てキーマカレーもあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/28

シックスセンスと歯ブラシ

s-genbaそれは先週の土曜日のことでした。早朝ミーティングのため眠い目をこすりながら、いつものように会社に出かけようと朝の歯磨きを終えて、歯ブラシを洗面台のコップに入れようとすると歯ブラシの柄がコップの底に勢いよく当たって飛び出してしまいました。運の悪いことに歯ブラシが落ちた所は隣にある洗濯機の裏でした。仕方がないので洗濯機を動かして、やっとのことで歯ブラシを取り上げたのですが、急いで会社に行こうとする気持ちがあったためか、また歯ブラシを勢いよくコップに入れてしまい、先ほどと同じ跳ね方と曲線を描いて歯ブラシは再び洗濯機の裏へと落ちてしまったのでした。元通りにした洗濯機を再度動かして、洗濯機の下から覗きながら、奥に隠れている歯ブラシをなんとか取り出したのでしたが、さすがに3回目は慎重に歯ブラシをコップに挿してから急いで部屋を出ました。一瞬嫌な予感が走りましたが、これが悪夢の1日の始まりになるとはまったく予想もできませんでした。

続きを読む "シックスセンスと歯ブラシ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

名古屋フェア

s-nagoyasnack
サークルKで「世界の山ちゃんスナック」と「矢場とんポテトチップス」と「ベビースター味噌煮込みうどん」を買ってきました。早速「世界の山ちゃんスナック」から味見をしてみましたが、普通のスパイス風のコーンスナックとあまり違いがない味付けでした。それでも、唇に残る胡椒の刺激は「山ちゃん」の手羽先を食べた時と同じ感覚でした。たぶん、他の2品も本物の味を再現してはいないのでしょうが、ちょっとでも本物の味がするだけで嬉しくなってしまいます。お弁当コーナーには「わらじ味噌カツ弁当」など他にもいろいろな名古屋名物の品物がありましが、おやつに食べたいと思っていた小倉トーストは売り切れていました。久しぶりにあんことパンのコラボレーションを楽しみたかったのですが、ちょっと残念でした。
愛知万博も始まり一段と名古屋色が強くなってきましたが、サークルKで一番目立っていたのが名古屋コーナーにあった即席めんの「CoCo壱番屋カレーうどん」でした。カレーうどんは名古屋ファアとあまり関係ないと思っているのですが、今まで名古屋色を出していなかったCoCoが、ここに来て名古屋カラーで販促を始めているのには驚かされました。
追伸、春のGI「高松宮記念」は残念ながら完敗でした。やっぱり、30日のバーレーン戦に勝って乾杯でしょうか。さあ弥生3月も今週で終わります。卒業シーズンも終わって、来月からは新年度のスタートがやってきます。映画「卒業」に使われたサイモン&ガーファンクルの「4月になれば彼女は」はいい曲でしたね。ふと頭の中に浮かんできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/26

美酒はお預け

s-kagatobi
今夜は石川県の銘酒「加賀鳶」を飲もうと思っていたのですが、イランに負けてしまっては我慢するないですね。そんなにサッカーが好きなわけではないのに、イベントに弱い性格なのでついつい熱くなってしまいます。昨日のように寒さが戻って来た時には、ちょっとお燗をしてちびりちびり飲む酒は最高だったのでしょうが、振り返りはしません負けたことなど。。。
この「加賀鳶」は燗上がりするお酒だと酒屋さんがススメてくれました。大吟醸もいいですが、お燗で美味しいお酒もいいですよね。体の芯から温まるとなんだか心も温かくなってくるような気がします。でも、この「加賀鳶」はバーレーン戦に勝ってから飲みたいと思います。とにかく、疲れました。今夜は眠ります。
追伸、「かつくら」の豚カツをつまみに一杯なんて最高ですが、欲しがりませんカツまでは(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日がある

次の試合に期待しよう。選手はよく頑張ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/25

ただいまハーフタイム

s-ouentsumami
1点負けています。前半だけでビール3本です。俊輔の方が狙われていました。あと45分、しっかりと応援していきます。
追伸、つまみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は忙しい

s-poteto仕事から帰ってきました。今からシャワーを浴びて、ビールを飲みながらテレビでサッカー観戦します。明日は土曜日ですが、何故か仕事があります。でも「ガンバレ!ニッポン」です。どんどん時間が迫ってますので、今夜はこの辺で失礼します。ヒデはマークがきついと思うので、俊輔に期待したいと思います。高原がなんとかしてくれると信じています。
追伸、今夜のメインは侘しいポテトサラダです。何も手間がかからず、マヨネーズがアクセントでビールにはバッチリです。ではでは、勝利の美酒を味わいましょう。そういえば忙しいと侘しいってなんとなく感じが似てますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

隠れ名古屋フード

s-pastel
なめらかプリンで有名な「パステル」も本社は名古屋の隣にあるのだが、東京での店舗戦略が成功して、有名ブランドとして恵比寿「パステル」の名を確立してしまったので、一時期は東京のお土産として扱われるようになってしまった。この「パステル」の親会社は多角経営をしているので、ホームページをご覧になるとカレー屋だとか、とんかつ屋も系列企業に含まれている。業務用のカレーを作っていたお店が、今では高級プリンで名声をあげてしまったのだから、なんともスゴイ商魂というか経営の才能である。そういう意味では、マクドナルドが銀座三越に日本初の店舗を開く前に、ケンタッキーの1号店が名古屋に出来たのだが(この1号店は鶏の本場名古屋では1年もたずに閉店)、パステルの親会社はその後のケンタッキーの人気に目をつけフランチャイズの権利を得ているのである。ちなみにケンタッキーが初めて日本で実験店を開いたのが、35年前の大阪万博なのである。また、パステルの本社がある名古屋の隣の西枇杷島郡はカレーハウスCoCo壱番屋の発祥の地でもあるのだが、このカレー屋さんが全国展開できたのも、名古屋を前面出さなかったことと近くの大きな工場の従業員におかげだと思う。タモリさんの影響で大きな田舎という悪い印象しかなかった頃の名古屋色を消して展開を図った「パステル」と「CoCo」は、名古屋の隣の西枇杷島郡が生んだ「隠れ名古屋」政策の代表的な成功例だろう。s-cinabonroll
追伸、吉祥寺からブームを生んだ「シナボン」も名古屋のスガキヤが商権を握って東京で展開した商品だったが、一時期の隆盛は見る影もなく、1号店の吉祥寺を含めどんどん店舗が閉店になっているので寂しい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/23

名古屋ブーム到来

s-maboroshi愛知万博を目前にして、今年は食の世界においても名古屋ブームになりそうな気配です。実は出身が名古屋のため、名古屋にはかなり愛着があります。昨年から味噌カツ、味噌煮込みうどんと名古屋飯の老舗がどんどん東京に進出してきました。吉祥寺から店舗を拡大していった「鳥良」も名古屋の食文化を東京風にアレンジしたお店ですが、名古屋に店舗が一軒もないことからすれば、東京風・名古屋料理のお店と言えるかも知れません。
その「鳥良」の手羽先も秘伝の味付けをしているそうですが、名古屋で手羽先といえば「風来坊」か「世界の山ちゃん」(本店は、世界のやまちゃん)が2大派閥となっています。個人的には「世界の山ちゃん」の名物手羽先「幻の手羽先」が好みです。ジャンクフードのように胡椒が強烈に効いたスパイシーな味付けとカリカリっとした食感は、生ビールの友として相性は抜群です。癖になるような味付けなのでついつい刺激を求めて追加オーダーしたくなってしまいます。
「山ちゃん」では、他にもお手軽なメニューが揃っていますが、どて煮と海老ふりゃと名古屋コーチンエッグアイスが特にオススメです。確か去年名古屋限定で「世界の山ちゃんスナック」が売り出されていたと思って調べてみると、s-yamachanなんと今、サンクスとサークルKで開催している名古屋フェアの中に「世界の山ちゃんスナック・幻の手羽先味」がありました。まずは、お近くのサンクスとサークルKで味見をしてから本物と食べ較べてみてはいかがでしょうか。
追伸、「世界の山ちゃん」のイラストって中村雅俊さんに似てるって評判らしいのですが、中村雅俊さんがモデルなのでしょうか?意識し出すと「幻の雅俊さん」に見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/22

ヘルシー沖縄志向

s-yanbaru
先週はスタミナ切れを実感してしまいましたが、何とか復活できました。最近、遊びに少し力を入れると仕事をする体力がなくなってしまうような感じがします。夜明かしで遊んでいるのと深夜まで仕事をするのとでは、使うエネルギーが違うと思いますが、ほどほどに遊んで、ぼちぼち仕事をするのが肝心なんでしょうね。
そんな時、体にいい食べ物と言えば沖縄料理でしょう。新宿にある沖縄食堂「やんばる」2号店は、昼間から気楽に沖縄料理をおつまみにして、オリオンビールやシークワーサー割りを飲んで、楽しそうな時間を過ごしている人達に出会えるお店です。1号店は長居がしにくい雰囲気なのですが、大ガード寄りの2号店は、食事の前にまずビールといった感じです。s-goya沖縄料理の「メニュー」も豊富で気軽にチャレンジしたい一品が並んでいます。最初はお昼に、豆腐チャンプル定食あたりから味見をしてみてはいかがでしょうか。
追伸、ゴーヤチャンプルは全然苦くないのですが、定食に付いてくる「うっちゃん茶」は、かなり苦いのでウーロン茶の感覚で飲まない方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/21

食い入る魅力

kurotanitomoka
黒谷友香さんの舞台を観てから、一週間が過ぎようとしている。舞台の出来を云々というよりも彼女の魅力に取り憑かれてしまったような気がする。両側に深くスリットが入ったチャイナドレスを纏って彼女は舞台に登場した。ほぼ舞台の中央で、ちょうど背筋を伸ばした「休め」のようなポーズをとったまま、他の役者のやりとり聴いている。そして、鋭い視線は客席後方を見定めているが、きりっとした表情の中にやや緊張の気配が漂っている。チャイナドレスが彼女のスタイルの良さを一段と引き立てている。同じ姿勢を保っている間、呼吸をするたびに肌に密着したチャイナドレスの腹部が上下しているのがわかる。腹式呼吸を心がけているからなのか、緊張で呼吸が大きくなっているからなのか理由はわからないが、とにかく彼女の腹部がゆっくりと動くことに気がついてからは、それだけでドキドキしてしまうのでした。それからは、お芝居よりもお腹フェチになったように食い入る視線で彼女のお腹ばかり見てしまいました(^^;
それからしばらくして、舞台から客席に彼女が降りて来たのです。手を伸ばせば彼女に届くような席で、間近に彼女が通り過ぎて行きました。上品な顔立ちと柔らかな肩のラインから伸びたほっそりとした腕、そして大胆なスリットから見えるしなやかな脚線美。全身にライトを浴びて、その美しさがしっかりとオーラとなって輝いていました。テレビの中での魅力と女優としての魅力の差を肌で感じることが出来て、今回の舞台は、それだけで幸せでした。役者としての評価はこれからだと思います。ベテランについていくのが必死で、精一杯声を張り上げて演じるだけの芝居でしたが、彼女の女優としての魅力は今回の舞台で大いに開花されたのではないでしょうか。以前、つかさんの舞台に出演していた小西真奈美さんの場合は背中に魅力を感じましたが、今回の黒谷友香さんの場合はお腹に魅力を感じてしまいました。これからは開花された大人の魅力を武器にスケールの大きな女優になることを期待したいと思います。そうそう、舞台の上で見せたドスを効かせた発声を活かして「売春捜査官・北の新地ヴァージョン」なんていうのもありじゃないのかな~
追伸、今夜は映画「クイール」がテレビで放映されます。舞台の時とはまったく感じが違う黒谷さんが見ることができます。でも、この映画を観ると涙、涙、また涙なので、ちょっと花粉症の時期には、追い討ちのようなツライ映画です。
記事を読んだらポチッとお願いします。→にほんブログ村 ポータルブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/03/20

限定好き

maboroshinotaki
美味しい地酒が飲みたくて酒屋に行くと、久保田とか八海山とか有名どころが並んでいて迷ってしまいました。でも、目的は燗上がりのする酒を狙っていたので、有名な銘柄は無視していたのですが、冷温庫に並んでいる「幻の瀧」と目が合ってしまったのです。雄町錦の限定ものとあり、山田錦との味わいの差はよくわからないけれど、まずは味見ということで購入してしまいました。当然、燗酒用にも純米酒「加賀鳶」を購入して目的達成となったのですが、さきほど夕食の時に早速味見をしました。記憶が新しい旬の感想ですが、この「幻の瀧」美味しいです。黒部渓谷の水がいいのかお米がいいのかわかりませんが、スッキリとした飲み口の中に雑味のない豊潤な香りが広がっていきました。限定ものに弱いので正しい評価かどうかわかりませんが、この大吟醸酒は今夜の肴の「鰻の白焼き」にはぴったりの味わいでした。
追伸、グルメに関しては、ちょっとオススメを強調しすぎる感じがあったので、あまりプロパガンダ基調にならないように努めていきたいと思います。でも、世の中には安くて美味しいものが沢山あることだけは間違いないと思っています。これからも素直に「幻の味」を求めて美味探求していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/19

けんちん風 蕎麦

kenchin
外は春めいて来ました。今までは寒い時期だったので比較的温かなお蕎麦を食べていましたが、こんな陽気になってくるとつけ汁だけを温かくしてお蕎麦を食べてみたくなってしまいます。そこで今日のお昼はけんちん風蕎麦です。冷蔵庫の残り野菜と豚肉を入れて、ちょっと甘めのけんちん風のおつゆを作って、お得意の「山形のさがえそば」をざるに盛り付けてみました。温かいおつゆに冷たい蕎麦の感触が相まってこの季節にはもってこいのお蕎麦だと思います。相変わらず、この乾麺は茹で方を1分早めることで一段と旨さ増す美味しいお蕎麦だと思います。温かいお蕎麦に飽きてきたら、こんなけんちん風のお蕎麦はどうでしょうか。
昨日からの奥歯の「疼き」は続いてますが、「卯月商店」のお蕎麦と十分な睡眠時間でスタミナもやっと回復してきました(^^;   自虐的な洒落はさて置き、けんちん風蕎麦は三寒四温の時期にはオススメの一品です。本当においしいので是非試して下さいね。 newpack
追伸、以前の写真が旧パッケージのものだったので、新しいパッケージのものを撮ってみました。これでやっと楽天の写真と同じものになりました。

グルメ・クッキング | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/18

スタミナ切れ

nattomix
火曜日無理をした影響で、ほとんど踏ん張りが利きません。最近体調の悪化を示す危険信号として、歯茎が腫れてくるというのがあります。もう、だんだんと奥歯が疼き始めています。この三連休を前にしてピンチを迎えています。本当に体力がなくなってきました。なんとかして最小限の被害に食い止めたいので、一生懸命歯磨きをしています。でも、キーボードに向かっている時は、ただ歯ブラシをくわえているだけなので、唾液だけが溜まってきてしまいます。どうも効果的な対策とは言えません。こんなことをしているより体調を戻すためには、早く眠りに就いた方が正解のようです。そう言えば、ウルトラマンは地球上では、3分間しか活動できなかったのですが、休憩時間は何時間とれば良かったのでしょうか?それとも太陽エネルギーを補給する関係上、天気だと回復が早いということだったのでしょうか?些細なことですが、気になってきてしまいました。
追伸、写真はスタミナ回復のための「アボカド納豆スペシャル」です。材料はアボカド+納豆+長芋です。ウルトラマンに是非とも食べさせたいメニューですが、ウルトラマンは口が開かなかったような気がしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/17

今夜は五穀米

s-gokokumai先日のハウス食品・華麗なる食卓「キーマカレー」の感動をもう一度と思って、今夜は五穀米を食べてみようと思ったのですが、何と炊飯器に混ぜるタイプのものだったのです。てっきりレトルト食品だと思っていたので、思いっきり裏切られてしまいました。全て勝手に思い込んでいた自分が悪いのですが、あのキーマカレーが美味しかったので、五穀米にも期待していたのです。おでんと五穀米の名コンビが今夜の食卓を飾る姿を思い浮かべていたため、このショックは大きなものでした。でも、打ちひしがれている余裕はありません。さっさと気持ちを切り替えてサトウのご飯をレンジでチンするのでした。この変わり身の早さは「熱海殺人事件」の水野さんからアイ子へ替わる時の演技から学んだものなんじゃないかと密かに思っているのでした。(ぜんぜん舞台とは関係なく、これは性格の問題でしょう)
追伸、五穀米が一瞬、地獄米に見えましたが、すぐに平常心に戻りました。これを四文字熟語に表すと「五穀平常」となり、平常心の由来となった例えです。信用しないで下さいね。今日出来たばっかりの四文字熟語ですから(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/16

眠たい時にはスイーツ

s-cake
本日は睡眠時間3時間なので、相当ツライ状態です。こんな日は「PLANETES」のスイーツを食べていい夢が見たい!でも、今は壁紙にしている写真しかないのです。。。プラネッツの季節のイチゴケーキが食べたいよ~
追伸、ケーキがダブって見えてきました。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張しています。

やっと、眠れそうです。いい仕事ができたかな?
追伸、夜食のお寿司です。pic_0082.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

華麗なるキーマカレー

s-DSC00746s-DSC00743
今夜の夕食は、昨日紀伊国屋ホールでもらってきたハウス食品の「インド風キーマ・マタール」というレトルト食品を早速いただきました。このお子様向けのようなパッケージのレトルトカレーがなかなか本格的で美味しいのです。香辛料のガラムマサラが効いているので、かなり個性的な味付けで、それに唐辛子が丸ごと入っていて、やや辛さを前面に出して仕上がっているので、評価は大きく分かれるところですが個人的には気に入りました。レトルトカレーをそれほど多く食べているわけではないのですが、個性派の代表に位置づけられる商品だと思います。この商品はヤングジャンプに連載中の「華麗なる食卓」(残念ながら読んでいません)という作品から商品化されたようですが、この個性的な商品は「レトルトカレー侮るなかれ」と言った感じです。
最近はどうも個性の強いものに魅かれてしまうみたいです。昨日の「熱海」の石原良純さんもなかなかいい個性を出していましたが、「サイコパス」の時の荒削りなところがなくなって、ちょっと寂しい気もしました。が、それは、円熟味というか演技の幅が広がったというようにいい方に解釈すべきことなのでしょうね。
追伸、雑巾がけの良純さん、いい味出していました。次は是非ダンスも披露してほしいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/13

熱海漬け

昨日今日と紀伊国屋ホールに行ってきました。やっぱり黒谷友香さん良かった~
追伸、今日はハウス食品のお土産付きでした(^^)vpic_0081.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/12

今夜は新宿・猥褻行為に注意!

s-tondonさあ~待ちに待った「熱海殺人事件 平壌から来た女刑事」である。生の黒谷友香さんが見られると思うといまからドキドキしています。もう単純な性格ですから新宿なんかに出かけていくだけでウキウキしてしまうのですが、新宿という街は、危険が一杯の街なのです。警視庁のホームページには「犯罪発生マップ」というページがあって、新宿界隈の犯罪発生箇所と件数を確認することができるのです。(この情報は北区つかこうへい劇団ファンクラブの「北くらぶ」の掲示板で見つけました)某自民党の代議士だった人は六本木で現行犯逮捕でしたが、新宿の裏通りでは頻繁に発生してそうな感じがします。古い言い方をすれば、歓楽街の代表選手みたいなのが「新宿」ですから、楽しみを求めて大勢人が集まって来る以上、トラブルも多くなってしまうのでしょう。スリルとサスペンスを求めているわけじゃありませんが、それでも新宿は好きな街です。美味しい食べ物屋さんや飲み屋さんはあるし、舞台も映画館も一杯あって楽しい時間が過ごせます。でも、酒に酔って現行犯逮捕されないようにします。黒谷さんが石原良純さんに胸を揉まれても、それは舞台の上のお約束なのだと理解した上で納得して、触発されないように気をつけたいと思います(^^;
追伸、写真は新宿・王ろじの「とんどん」です。豚カツが金シャチのようにそびえ立つオリジナル・カツカレーと言ったらいいのでしょうか。独特の歯ごたえのある衣が特徴ですが、密かに「キムカツ」の原点のような気がしています。こういう昔ながらお店があるのも新宿のいいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/11

雨の日と金曜日は

takoyaki
金曜日だというのに何故か仕事を終えてのんびりしています。外は雨で、気温も昨日と比較するとかなり低くなっていますから、こんな日は仕事を早めに切り上げるのは正解でしょう。とは言っても、そんなに自由気ままな身分ではないので、今日はたまたま出張の仕事が早く終わっただけなのです。やっぱり晴耕雨読なんていいですよね。最近は本を読んでいないので、CDを聴きながら谷村志穂さんの「レッスンズ」でも読もうかな~でも、こうやってパソコンに向かっているから無理でしょう。CDはサザン以外はほとんどないので、今日の題名の基になったカーペンターズの「雨の日と月曜日」も、たまには聴きたいのですが無理なのです。ちょっと好みが限定しすぎているのかも知れません(^^;
もう少し守備範囲を広くしないと立派な大人になれないかも・・・でも、もう立派な大人をめざすには遅すぎるので、このまま好きな生き方をしてマイペースでいくのが、やっぱり一番いいのでしょうね。
追伸、何故かおやつにたこ焼きを食べました。銀の食器ですから、当然「銀だこ」です。ちょっと中のタコが小さくなった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/10

名古屋名物・味噌煮込みうどん

s-yamamoto
今週はつかこうへいさん特集みたいになってますが・・・去年のことです。北区つかこうへい劇団の名古屋公演をわざわざ、名古屋まで遠征して観て来ましたが、その時も「熱海殺人事件 平壌から来た女刑事」でした。水野役は黒木メイサちゃんで木村部長刑事は北区つか劇団の俳優・三浦祐介さんでしたが、劇場が小さくて臨場感というか、カブリつきというか、砂被りと表現していいのか、汗が実際に飛んでくる2列目の席で観ていたので、三浦伝兵衛さんの迫力に圧倒されてしまいました。小手先の演技ではなく、この情熱、この迫力を受け止める気力が続く限りつかさんの舞台を観にいきたいと思ってしまいました。
そして、三浦祐介さんのふるさと名古屋名物と言えば、「味噌煮込みうどん」ですね。麺が生煮えで、芯があって硬くて食べられないなんて間違った感想をする人が多いのですが、あの麺はどんなに煮込んでも硬いのです。あの独特な硬さが味噌煮込みうどんの特長なのです。今はなんだか讃岐うどんがブームですが、水沢うどんの良さもあれば、武蔵野うどんの良さもあります。何も讃岐うどんの良さだけが「うどんの良さ」ではないのです。個性が理解できない人は冷凍の讃岐うどんで満足していれば、それはそれで幸せだと思います。
それはさて置き、今回の写真は名古屋駅西口地下街のエスカにある「山本屋本店」の味噌煮込みうどんです。味噌見込みが出来上がるまでの間は、白菜漬けでビールを飲んで、待つことしばらく味噌煮込みうどんが出来上がる頃に白菜漬けのお代わりを頼み(食べ放題ですから)、出てきたうどんを蓋に乗せてフハフハ言いながら、白いご飯と一緒に食べる喜びは、讃岐うどんの楽しみ方とは別な世界です。エスカにある山本屋本店の「味噌煮込みうどん」は便利で美味しくて大好きです。
追伸、最近「味噌煮込みうどん」も東京に進出してきたみたいですが、進出して来たお店は「山本屋本店」ではなくて「山本屋総本家」です。個人的にはどちらの「味噌煮込みうどん」も大好きです。ついでに「世界の山ちゃん」も大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/09

つかさんと挿入歌

s-tsurumizu
今週末につかこうへいさんの舞台「熱海殺人事件 平壌から来た女刑事」を観に行く予定にしています。つかさんの魅力のひとつとして、まずは独特なミーハー受け狙いのような音楽の使い方にあると思います。最近はメジャーな曲よりも少しマイナーな曲を選ぶことが多くなり、ミーハー好きにはちょっと残念ですが、挿入歌で舞台を盛り上げるパターンはいつものことです。記憶に残る挿入歌と言えば、ロマンスで流れた「ヤングマン」はインパクトがありました。ウォーターボーイズの先を行くダンスと曲のシンクロは、つかさんならではの演出でした。あとは前にも触れましたが、最近の「熱海」の最高傑作「売春捜査官」の「いとしさとせつなさと心強さと」も強烈でした。あの時のデュエットは歴代の挿入歌の中でもトップクラスだと思います。由見さんと吉田君のコンビ最高でした。インパクトと言えば、これも以前に書きましたが、やっぱりオリジナル曲の「パラダイス」でしょうか。「飛龍伝」で流れるこの曲に合わせてのダンスもつか劇団お得意の見せ所です。
さて、つかさんと言えば「熱海殺人事件」。「熱海殺人事件」と言えば、やっぱりオープニングの「白鳥の湖」です。暗闇の中に鳴り響く電話のベルとこの名曲がかかる度に背筋が寒くなります。また、つかさんの世界に引き込まれるんだという期待感は「白鳥の湖」から始まります。そして、「パピヨンのテーマ」が流れるシーンでは、淀川長治さんが解説していた頃の日曜洋画劇場のエンディングテーマが流れてきた時と同じくらいせつなくなります。最近の「熱海」は、時流を風刺した複雑なストーリー展開と速射砲のようなセリフ回しに観客が取り残されてしまうような印象を受ける時もありますが、根底に流れる「愛する人へのやさしさ」は、やっぱり「熱海」の変わらない良さだと思います。今回の「熱海」でも、せつなく感動させてもらいましょう。
追伸、紀伊国屋ホールと言えば、ストリッパー物語でつかさんの舞台にたった鶴水ルイちゃんはどうしているのでしょうか?もう一度「鶴水スペシャル」でルイちゃんの切れのある踊りが見たいな~彼女の可能性に期待してたのに・・・でも、「ルイルイダンス」と言えば、往年の青春スター太川陽介さんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/03/08

BOSSいいジャン

bossrainbow1この頃、テレビの缶コーヒーのCMで「蒲田行進曲」の階段落ちの場面が出てきます。この場面での名台詞「上がって来いヤス!上がって来い!」「銀ちゃ~ん・・・」いいですね~。風間杜夫さんと平田満さんのやりとりと聞いているだけでゾクゾクしてしまいます。監督・深作欣二さんの映画「蒲田行進曲」は邦画の中では、大好きな作品の一つに挙げられます。小夏をめぐって往年のつか劇団のゴールデンコンビが演じる銀ちゃんとヤスのやりとりは、舞台よりもいい味が出ています。また、この作品のエンディングに流れる「キネマの天使」を聴くと何故か活力が湧いてきます。映画の場面とダブって、まさに「蒲田行進曲」といった感じで元気になる曲です。泣かせる映画もいいですけど、泣かせて笑わせる映画はもっといいですね。それにしても、缶コーヒーのCMで机を這い上がっていく草なぎ君の演技はちょっとマニアックでいいですよね~最近のCMの中では、スマッシュヒットだと思います。それに較べてジョージアはどんどん冴えなくなってきてるよな~
追伸、平田満さんのヤスもいいですけど、舞台で草なぎ君が演じたヤスも良かったな~また、つかさんの作品に出ないのでしょうか。ちなみに、ペンネーム「ギンタロウ」の由来のひとつは、この「蒲田行進曲」の主役「銀四郎」からきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/07

もうすぐ春

s-mousuguharu月曜日はどうしても気分の乗りが悪いです。会社員の99%は同じ気持ちだと思うのですが、中にはバリバリやる気モードの人もいるかも知れないですね。そうそう、弥生3月巷では卒業シーズンですが、この時期に聴きたくなる曲と言えば、やっぱり「YaYa(あの時代を忘れない)」ですね。ちょっとせつない気分にさせられますが、春になれば何かいいことがあるような予感がしてきます。啓蟄も過ぎ、もうすぐ暖かな春がやってきます。月曜日は週の初めで乗り気になれなくても、四季の始まり「春」という季節はなんとなくウキウキしてくるのはどうしてなのでしょうか?月曜日が春だと思えればいいのですが・・・「春は曙」ですから、所詮「月」とは無縁なのかも知れません。街路樹も少し経てば若葉が繁るようになるのでしょう。少しだけこの寒さを我慢して春が来るのを待っていたいと思います。何かいいことがありますように。。。
追伸、「春という字は三人の日と書くのね」という歌がありましたが、春は三角関係の季節なのでしょうか。そう言えば、「喧嘩をやめて 二人を止めて 私のために」なんていう高ピーな歌もありましたね(^^;  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

今夜はレッドカレー

DSC00705
なんだかどんよりとした天気で、一向に気温が上がりません。カプサイシン神話の崇拝する者としては、今夜あたりは体の芯から暖まる料理を作ってみたいと思います。そうなるとやっぱり簡単なのはキムチ鍋とかでしょうが、今回はタイ風のレッドカレーを作ってみたいと思います。作り方はいたって簡単です。無印良品で「レッドカレーの素」を買ってくればいいのです。無印良品のレッドカレーは4人前210円とお安い上に、簡単な調理方法で本格的な味が再現できるとっても便利な商品です。今夜の材料は鶏肉とほうれん草にジャガイモを考えています。調理時間は約30分もあれば完成してしまいますから、ピリ辛のタイ風カレーがお好みの方には、この無印良品の「レッドカレー」はオススメです。この「レッドカレー」の他にも「グリーンカレー」と「イエローカレー」もあります。個人的には、本当はレッドカレーよりもグリーンチリのホットな辛さの「グリーンカレー」の方が好きなのですが、今日は売れ切れでした。
DSC00708追伸、この3種類に「ピンク」「ブラック」が揃えばゴレンジャーカレーなると思っている人は大勢いると思うのですが、「ブラックカレー」の味は想像できても「ピンクカレー」の味は想像できません(^^; そういえば、ピンクペッパーっていうのは、何の料理に使うのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/05

おいしい時間

DSC00698
雪もすっかりとけて、のんびりした休日です。久しぶりにおやつに「ビアード・パパ」のシュークリームを食べました。シュークリームの他にもチーズケーキとフォンダンショコラも買ってきましたが、やっぱりビアード・パパと言えば「シュークリーム」でしょう。小さい頃は「ヒマラヤ」そしてやや大きくなってからは「コージーコーナー」のしっとり系のシュークリームで育った人間にとって、初めてシューがさくさくしているシュークリームを食べた時には、カルチャーショックでした。それこそコンビニのおにぎりで初めてパリパリした海苔を巻いたおにぎりを食べた時のショックと同じものがありました。おにぎりは、海苔がしっとりしてるのが当たり前だと思っていましたから、コンビニのおにぎりは家のおにぎりとは別の食べ物のような印象を持ってしまいました。どちらかと言うと手巻き寿司の変形のような感じがしましたが、ビアード・パパのシュークリームを食べたときはシュークリームの上位系のような印象を受けました。目の前でクリームを詰めてもらえるとなんだか嬉しい気分がします。コンビニのおにぎりはセルフサービスですから、この点も違いますよね(^^;  おいしい時間というのは何だか幸せな気分になります。これからも、ちょっと贅沢をして幸せな気分を味わいたいと思います。
追伸、一緒に買ったフォンダンショコラはレンジで温めて食べました。フォークで切り分けると中からチョコレートが溶け出して大人のデザートの印象を受けました。これは、「えるびす」のラーメンの燻製味付け卵が半熟だった時の感動に近いものがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/04

銀世界の歌

ginsekai
今世紀最大の大雪が降るという情報があったため、昨日はあまり眠れなかった。朝、目覚めるとそれほどではない雪景色が窓の向こうに広がっていた。もう少しすごい風景を期待していたのだが、とりあえず、一面の雪景色に敬意を示して銀世界をテーマに歌を作ってみた。
ギンギンギラギラ、朝雪が降る ギンギンギラギラ雪が降る 真っ白、白、白、外の雪 となりのお庭も真っ白け ギンギンギラギラ雪が降る
この歌を「ギンタロウのテーマソング」にしようかな~正直言ってあまりにも冴えないので、もう一曲サビの部分を ”犬は喜びニラレバ炒め、猫は小判で丸儲け” どうも雪山で遭難しているみたいだ。仕方がないので「眠るんじゃない」って自分自身に言い聞かせている。雪と一緒で期待外れの出来だよな~
追伸、Do As Infinityの「」て、いい曲ですよね~ 銀世界の歌だったら「柊」のアコースティックヴァージョンみたいな感じの歌にしたかったな~(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/03

ロールキャベツシチュー

akashia
新宿にある洋食屋さん「アカシア2号店」の雰囲気が好きです。アルタの裏にある「アカシア本店」は行ったことがないので比較はできないのですが、地下鉄・新宿三丁目駅のすぐ近くある「アカシア2号店」は街の洋食屋さんというような表現がぴったりのお店です。ハンバーグやビーフシチューといった定番メニューが600円~800円で食べられます。定番のメニューにコロッケやロールキャベツを1~2個付けた複合メニューが壁一面に張ってあるので、メニューリストと壁の表示メニューを見比べてしまい、何をオーダーしていいか迷ってしまいます。それでもやっぱり注文するのはロールキャベツシチューです。ランチセットだとサラダとコーヒーが付いていて、大満足の一品です。サイドメニューやご飯の量もお好みで選べるので、楽しみ方のバリエーションが充実しています。三越本店や羽田空港第2ターミナルにも出店しているようですが、まずは「アカシア2号店」で老舗の味を確かめてみて下さい。いつかは、ハンカレー(ハンバーグカレー)にカキフライ・キャベツ1個付けなんていうような注文ができるようになってみたいお店です。
追伸、壁に表示してあったアルファベット2文字のメニューがわからなくてお店の人に尋ねてみると、「自家製のドイツ風ハムです」と親切に教えていただいたのですが、どうしても、アルファベット2文字が思い出せません。うーん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんちゃん

tonkarubitonchan
愛知万博の影響なのか名古屋飯が注目されているようです。名古屋の隠れメニューである「とんちゃん」も東京に進出してきたと昨日のテレビでやっていた。「とんちゃん」とは、簡単に説明すると七味唐辛子をたっぷりかけて食べる味噌あじのホルモン焼きとでもいうのでしょうか。シンプルな食べ物です。昔、名古屋の大須というところに「岡ちゃん」という有名なとんちゃん屋があった。ビールを頼むとその頃出初めのスーパードライをアルコール度が高くて、早く酔えるからと言ってよく薦められた。おしゃべりなおばちゃんの人柄と冷たいビールと「とんちゃん」の取り合わせは最高でした。冬に行くとコートをお店の外にかけたような記憶がある。それほど店内は強烈な煙と臭いが立ち込めるため、絶品のとんちゃんだったが、名古屋の友人に家に泊めてもらう条件は「岡ちゃん」に寄って来ないことであった。理由は強烈に洋服が臭くなって、その臭いが部屋に充満するからということだった。もう「岡ちゃん」はなくなってしまったので、今では懐かしい思い出です。
追伸、去年とんちゃんを名古屋まで食べに行った時の写真です。「岡ちゃん」の味を引き継いだと言われる大須の「ふじ」です。「豚カルビ?」と「とんちゃん」の写真ですが、キュウリの漬物がとんちゃんに負けないくらい美味しかった。でも、ビールは一番絞りだったかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/01

調理パンの王様

pic_0080.jpg
お昼は焼きそばでした。ソース焼きそばを考えた人は誰なんでしょうか?ふと悩んでしまいました。中華そばを使って、炒めた上にソースで味をつけるというのは単純に見えて、実は異文化交流をしている食べ物だと思います。これをパンに挟むと焼きそばパンになるのですが、もうこうなると食のバトルロイヤルのような気がします。昔、お昼に焼きそばパンだけを3年間ぐらいずっと食べていました。焼きそばパンは、今でも調理パンの王様だと思っています。まあ~次に続く女王様はコロッケパンでしょう。そして、王子様はカレーパンでしょう。これは、カレーの王子様と言われているぐらいですから当然でしょうね。
追伸、異文化と言えば「コロッケうどん」も結構好きです。丼の底に残ったジャガイモの溶け出したどろっとしたお汁が最高です。天ぷらうどんでは味わうことのできないドロウマの世界です(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »