« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

見えない糸

tenkichi
去年の秋のことだった。いつものように二日酔いだったのだが、野球を観るために関内の辺りをふらふらと歩いていた。そういえば原坊の実家がこの辺りだったよな~なんてふと前方を見ると派手な花輪が飾ってあるお店があった。それがリニューアルオープンした「天吉」でした。多少列ができてましたが、最後尾に並ぶと開店と同時にお店に入ることができました。そして、なんと運良くカウンター席に座ることができました。やっぱり桑田さんとは見えない糸で結ばれているのかな~なんて、二日酔にも関わらず、熱々の天丼を味わいながら思ってしまったのでした。帰る時にカウンターの横にいたお店のおばちゃんが「次は空いている時に来てくださいね」とやさしい言葉をかけてくれました。天丼も良かったけど、てんやわんやで大忙しだったおばちゃんの一言、暖かかったな~ あの日以来行っていませんが、また、必ずお邪魔しますね。
追伸、その時の天丼の写真です。二日酔いには天丼が一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

モーニングサービス

DSC00686
車の定期点検の間に近くのファミレスで朝食を摂りました。お休みの日の午前中なのに結構人がいます。飲み物がフリーでほぼワンコインで済んでしまうのですから、お得な感じがします。バイトの子の動きを見ているだけで元気になっちゃったりして(^^;  本当に単純な性格ですが、元気になった証拠でしょう。さあ~春よ来い!
追伸、今日の気分は「素顔で躍らせて」~2月26日には ささやかな二人の絆~素顔のままでいい・・・自然が一番、春一番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

車の中で聴きたいアルバム

DSC00679
夜明け前に車を走らせる。太陽が昇る前に月に向かって車を走らせる。カメラのシャッターを切ってみたけれど照明灯の明かりが強すぎて月は写らない。前方を走る車のテールライトだけが揺らいでいる。こんな時に聴くCDはやっぱりサザンの「海のYeah!!」だ。海から遠く離れた高速道路を走らせているのだけれど、疲れた時はサザンからパワーをもらうのが一番だ。太陽が姿を見せれば新しい一日が始まる。昨日とは違った何かが起こるかも知れないし、起こらないのかも知れない。夜明け前のアフターダークは、期待と不安が混在する不思議な気分にさせられる。直接的にパワーをもらうのも必要だけど、こんな大人の雰囲気が漂う曲からパワーをもらうのも大好きだ。今日のオススメは「Moon Light Lover」太陽のパワーと月のパワー、どちらも大切だと思う。自ら輝く「太陽」と自分では輝くことの出来ない「月」、どちらも魅力的だと思う。夜が明けたら太陽の時間が訪れる。ちょうど曲目も「太陽は罪な奴」に変わってしまった。なんとも憎いアルバムの構成である。こんなところにもサザンの魅力が隠されている。桑田さん誕生日おめでとう!これからも素敵なアルバム期待しています。
追伸、唐突ですが、大塚愛ちゃんって、優香と山川恵理佳を足して2で割ったような顔だと思いませんか?どうでもいいことなのですが、最近そう思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/25

心にゆとりをもって

DSC00684今日は午後から新幹線に乗ればいいのでゆっくりとしています。夜中に雪が降り積もりましたが、今はもう止んでいます。先週の今頃は布団の中で寝込んでいたと思うとこれだけよく回復したな~と感心してしまいます。でも最近の記事はなんだか惰性で書いているような色合いが強く、冴えというもがまったくありません。これは生活に余裕がなかったというのが一番の原因だと思います。2月もあと数日です。弥生三月、来月はいいことがあるのでしょうか。人間余裕をもって生活しないといいことはないような気がします。そして、心にゆとりともってココログの世界を楽しみたいと思います。ブログがだんだんと生活の一部になってきていますが、もっと素直に表現できるといいな~って思ってしまいます。書きたいことは山ほどあるのですが、それがうまくアウトプットできないところが歯がゆい気がしています。外は雪景色ですが、このままでは、どうも行き倒れになりそうな感じです(^^;  ゆとりをもって、のんびりとサザンでも聴いて進んでいけばきっと何とかなるでしょう。こんな気分の時は「シャ・ラ・ラ」かな~
追伸、テレビでカリスマ料理人の栗原はるみさんを紹介してましたが、どうみてもダイエットした青木さやかさんにしか見えませんでした。。。なんだか急に「天吉」で天丼が食べたくなってきた~しじみの味噌汁飲みたいよ~食欲の次は・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/24

三寒四温

DSC00545
明日は給料日ですが、静岡方面へ出張です。いつもだと給料日当日が一番財布が軽くてせつない気分なのですが、春の訪れなのか何故か気分はウキウキしてます。野生の血が騒いでいるのでしょうか(^^;   そうそう、この時期は河津桜がいいですよね。それよりも南伊豆の菜の花畑がもっといいんですが、さすがに明日はそこまでは行けません。ですから、今夜は目で楽しむよりも舌で楽しむために菜の花を食べてます。まさに花より食欲ですね。この菜の花のほろ苦さは春の訪れを感じさせますよね。菜の花のお浸しに日本酒をグビりなんて最高です。なんだか今夜は美味探求みたいな感じになってしまいました。
追伸、明日は寒そうです。「寒そう」と「サムスン」、「虚無僧」と「コムスン」って異母兄弟みたいで似てませんか?やっぱりまだ風邪の後遺症があるみたいです。それよりも「相似形」と「掃除機」の方がもっと双子に近いかも・・・うーん、完治してないですね。季節に逆行して、三寒四温というより大寒に近いセンスになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

桜咲く

DSC00678
もう全開?パワフル絶好調です。今夜は「御代桜」でいい銚子です。やっぱり一番効くのはアル消ですね。パワーストーンとか頼るのは他力本願ですから、効き目がないわけですね。からだの内側からきれいにならないと。もうなんだか石田純一さんの元カノみたいですが、メジャーになるためには踏み台昇降運動も大切ですよね。踏み台にされたほうもそれなりに楽しんだわけだし、まあ~お互いに最初は「桜咲く」っていうような手短な恋愛感情って感じだったのでしょうから、元カノからすれば、最終的には菜食主義で散り際もアッサリということでノープロブレンでしょうか。石田純一さんからすればバッサリでしょうが、男は黙って。。。うーん、でもテレビで「しゃべりすぎだよ」生え際前線の後退しか目立ちましぇん。
追伸、石田純一さんの場合は、結局「桜咲く」というより「永すぎた春」だったんでしょうね。未練がましいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

やっぱりアル消です。

DSC00676
パーフェクト、ほとんどパーフェクトに体調が戻ってまいりました。もうこの一週間アルコールから遠ざかっていましたが、今夜は久しぶりに本物のビールで乾杯です。「旨いです」、発泡酒でもドラフトワンでもありません。正真正銘のビールです。今や金持ちのシンボルとなりつつなる本物のビールをこの時期飲めるとは・・・それほどまでに、調子が回復してきました。このまま給料日まで深く静かに生き延びていこうと思います。ブクブクブク。。。
追伸、ビールを飲んでアルコール消毒したからには、ホップ・ステップ・ジャンプで絶好調をめざします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/21

桑田さんの誕生日

DSC00674
今週の土曜日はサザンの桑田さんの誕生日なのですが、山下洋輔さんの誕生日でもあるのです。今まで気がつきませんでした。そして、芸術が爆発してる岡本太郎さんも同じ誕生日です。それにミスターサッカーの三浦カズさんも同じ誕生日なのです。なんだかすごい人ばかり同じ日に生まれてますね。ちなみに今日は坂田明さん、前田吟さん、井上順さんという三文字有名人の誕生日でした。
追伸、さすがに今日は疲れました。夕食は力をつけるために、このカップ麺でしたが、「力がついた」というより「力尽きた」という感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/20

快進撃!

DSC00670DSC00673
さあ~春の競馬G1シリーズが幕開けされました。まずは堅い路線で1、2番人気から馬単で4点流して8点買いで勝負してみました。欲を張らなかったのが良かったようで、みごと的中で1万2千円ゲットです。去年の秋のG1は屈辱の10連敗でしたから、幸先のいいスタートです。勝ち馬のメイショウボーラーはスタートから猛ダッシュで、レコード勝ちというおまけもついてG1初制覇でした。この馬の走りのように春のG1は快進撃を続けたいものです。
追伸、もう布団から抜け出しました。明日からは体に鞭打って仕事しま~す。ちなみに馬券は自分で買いに行ったのではありません。レースは布団の中で見ていました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートの箱

DSC00547
昨日の夜、まだ調子は戻っていなかったが、テレビでやっていた「フォレスト・ガンプ」を見てしまった。信じられないようなサクセスストーリーなんだけど、主人公の個性に魅かれ、最後まで引きずり込まされてしまった。そして、主人公がベンチで座りながら抱えているチョコレートの箱が物語を象徴しているかのような存在になっている。「人生は食べてみなければわからないチョコレートの箱のようなもの」そう、甘くもあり、ホロ苦くもあり、当たり前のことだけど、食べてみないことにはどんな味なのかわからない。さあ~明日から仕事です。チョコレートの箱を開けるためには、まずはこの布団から抜け出さないと。
追伸、写真はフォレスト・ガンプにちなんで「イチゴ一会」です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロッテの秘策

DSC00661
プロ野球もオープン戦の時期になってきました。パリーグは楽天が注目されていますが、以前仙台が本拠地だった千葉ロッテがある作戦を極秘に進めているそうです。その作戦とは、高校時代にスポーツ万能と呼ばれていたある韓国のスターを肉体改造し、ロッテのエースとして迎え入れるという前代未聞の秘策なのです。背番号は「410」、ユニフォームの上からマフラーを巻き、サングラスをかけて登場となれば、今や国際的スターのヨン様です。肉体改造された鞭のようにしなやかな体格から放たれる速球は150キロを超え、それだけでも打ちづらいのですが、ヨン様が予告登板すると、観客がすべてヨン様のファンで埋め尽くされ、バッターが打とうものならブーイングの嵐となり、大ヨン様連合軍対竹槍部隊のバッターというような光景になってしまうのです。それでもバッターもプロですから何とかヨン様を打ち崩そうとするのですが、もうひとつヨン様を打てない理由がありました。それは、ヨン様が投げるたびにカメラのシャッターが一斉に光るため、バッターが眩しくて球が見えないということでした。ですからヨン様はストライクゾーンに投げていれば決して打たれることはないのです。しかし、ヨン様のスケジュールの関係上、7月と8月の2ヶ月だけしか日本のプロ野球界には登場しないということなのですが、ヨン様の見事なピッチングは「ミラクル ヨン サマー」と言って、いつまでもファンの記憶の中に刻まれることでしょう。そして、ヨン様が日本のプロ野球に登場するまでの間は、今年こそアジアの大砲スン様が活躍してくれることでしょう。この「ロッテの秘策」は話が漏れると中止になってしまうそうですから、くれぐれも他言は厳禁です。ご協力のほどよろしくお願いします。
追伸、熱にうなされて変な夢ばかり見ています。汗をかくためにポカリスエットを抱いて寝ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/18

カウントダウンの続き

DSC00660
とうとう会社を休んで病院に行ってきました。近くの病院は待っている患者さんがいないという街中の小さな病院です。保険証を出すと「以前にもいらしゃいました?」と尋ねられました。「たぶん、2年ぐらい前に・・・」と答えるとカルテの束を調べてくれて「2年前の2月ですね」と教えてくれました。あまり利用者がいないので、2年前の患者も覚えているところがすごい病院です。患者の管理もパソコンじゃなくて、カルテの束ですからいかに患者さんの数が少ないかがわかります。ここの先生は妖怪みたいな顔をしているので、患者さんが少ないのだと思いますが、顔が妖怪みたいなので、症状を聞かれてもなかなか正面を向いて答えられません。いつもこんな先生にかかるんだったら、自然に治したいと思うのですが、怖いもの見たさと早く診察が受けられるので、ついつい来てしまいます。診察が終わると先生は2年前と同じ薬を出しておくからと言ってくれましたが、2年間の間に薬だって進歩しているような気がします。でも、妖怪先生の辞書には「進歩」という言葉がないのでしょう。久しぶりに怖い雰囲気を味わいましたが、あと2、3年には妖怪先生も本当の妖怪になってしまうかも知れません。そんなことを考えるとちょっと寂しい気がしました。
追伸、カウントダウンの続きは、体がダウンでした。今日こそサザンの「ネオ・ブラボー!!」で元気になりたいと思います。果たして妖怪先生の2年前と同じ薬(ブルフェンとフロモックス)は効き目があるのでしょうか。一応夕方には熱は下がりましたが、明日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

気合だ!気合だ!気合だ!

DSC00657
もうなかなか復活しないのでイライラしています。パワーストーンの効き目もやっぱりオマケ程度しかありませんでした。白石さんに期待しちゃあいけないですね。ここはサザンでしょう。サザンの歌で元気になるしかないでしょう。
ここはパワーを復活させるために「ボディ・スペシャルⅡ」がいいですね。最後は気合でしょうから、アニマル浜口風に「気合だ!気合だ!気合だ!」っていう感じで復活します。でも、バレンタインの日に間違って「嫌いだ!嫌いだ!嫌いだ!」なんて言われたら落ち込むでしょうね。まあ~そんなことはないのでしょうが、まだまだ熱が下がらないみたいです(^^;
追伸、今日はサザンのタイシタレーベルをイメージして鯛焼きです。この後は「暮れのサナカ」のビデオを観て元気になります。さあ~もう一度カウントダウンからスタートです。まだ旧正月ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

パワーストーン

DSC00656
午前中はかなり調子が良くなったのですが、午後から鼻水が出てきてしまいました。もしかしてこれは花粉症?雨の日は花粉は飛ばないそうですから、やっぱり風邪なのでしょう。今日も早めに眠ります。
追伸、あとは元気になるという意志で復活します!でも、コナカのおまけでも効き目があるのかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

そんなバナナ

DSC00654
どうも体調が悪くなっています。昨日のアミノチョコキムチの効き目があまりなかったようです。ここは昔流の病人食のバナナで元気になろうと安いバナナを買ってきたのはいいのですが、まだ熟していない若いバナナでした。食べようと思っても、バナナの皮がなかなかむけないのです。やっとむけたと思って食べてみるとなんだかジャガイモの芯が残っているような固さで、生まれて初めてゴリゴリしたバナナを食べました。バナナなのにゴリゴリですよ。ゴリラがバナナを食べているなら、ゴリラがゴリゴリで語呂はいいのでしょうが、病人にとっては辛い仕打ちを受けてしまいました。基本的には若い子は好きなのですが、若いバナナは食感と同じようにもう懲り懲りです。それでも、バナナと牛乳で復活したいと思いますが、バナナを漢字で書くと「実芭蕉」(みばしょう)なのですよ。それなのに何でバナナは「バナナ」って呼ばれているのでしょうか?アップルは「林檎」、ピーチは「桃」ですよ。バナナだって「実芭蕉」と呼ばれても不思議じゃないですよね。不思議だけど考えているだけで、頭が痛くなってきました~それでは今夜はこの辺で。
追伸、松尾芭蕉が松ノ実芭蕉という名前だったら、英語名は「パームバナナ」ですよ。書物だって「バナナの細道」その書き出しは、「月日は百本のバナナにして、行きかう人にまた叩き売りなり」です。こうなったら当然、次のひとことは・・・皆さんご一緒にハイ! 「そんなバナナ」  熱が上がってきたみたいです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

アミノチョコキムチ

DSC00652
5連休明けの月曜日、やっぱり調子が出ません。出ないというより下り坂になってしまい、風邪の前兆のような気配が全身に漂っているのです。この原因はわかっています。ずばり夜更かしです。昨日の夜、第一回ワールドカップ女子ゴルフを見てしまったことが、この体調を引き起こしているのです。藍ちゃんの絶好調なプレーと絶不調の北田選手のプレーを見ていると、残りホールがまったく予想がつかなかったのです。ハラハラドキドキするような状況で眠れるわけにはいけません。仕事はいつでもできますが、歴史的な一瞬はやっぱりライブで見ておかないという都合のいい国民性的な性格が体調を悪くしているのです。
「歴史的な一瞬」という殺し文句に弱い性格なのです。ドーハの悲劇の時もライブでした。フランスW杯のゴンの初ゴールもライブでした。獅子座流星群もライブでした。アテネ五輪も・・・まあ基準がわかりませんが、とにかくライブという言葉に引かれてしまうのです。歴史は繰り返されることだとわかっていながら、ライブで見ようとしてしまうのです。獅子座流星群は33年に1度なんて聞かされると、もう死ぬまで見えないだろうなんて必死で見たというのに、それから何故か毎年のように獅子座流星群はやってくるのです。ワールドカップだってオリンピックだって4年に一回はやってくるというのに、それなのに必死で見てしまうのです。自分でもあきれるくらい単純な性格です。こんな性格ですから、ちょっと下降気味の体調を戻すために、アミノ酸とポリフェノールとカプサイシン神話に頼ってみました。とりあえず、アミノ飲料とキムチ鍋セットは買って来ました。それに保険屋さんからもらったチョコレートがありますから、もう完璧です。一番肝心な睡眠時間もしっかり取りますから、きっと明日には復活しているでしょう。
追伸、今夜は「冬きたりなば 春遠からじ」というよりも「冬きたり鍋 チョコ唐辛子」という感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

お昼はもりそば

DSC00644
休みの日の昼食はほとんど麺類です。登場数が多いのは、蕎麦、ラーメン、うどん、パスタの順でしょうか。お蕎麦は家で食べるのも好きですが、外に食べに行くのも大好きです。餃子やザーサイをつまみにお酒を飲んで、ラーメンで〆る方が満腹感は大きいような気がしますが、たまに贅沢をして、静かな午後を過ごしながら美味しいお酒を味わうとなるとお蕎麦屋が一番です。素朴な肴でちびりちびり盃を傾けるなんていう飲み方ができるようになったのは最近のことですが、やっぱり日本人には合っていると思います。もう少しお値段が安くなると回数が増やせるのでしょうが、都内の中でも好きなお店はいくつかあります。最近お気に入りなのは「しながわ翁」です。焼き味噌と玉子焼きなどを肴に「四季桜」や「豊の秋」を味わった後で田舎蕎麦を食べるのが、このお店での楽しみ方になっています。鴨汁のざるも好きなのですが、やっぱり鰹節の出汁が少し強い蕎麦つゆと風味の強い田舎蕎麦の組合せが大好きです。一度お店で元阪神の掛布さんをお見かけしたのですが、掛布さんもこのお店が「お気に入り」のようです。蕎麦の好みは人それぞれ違いますが、この「しながわ翁」さんの特長は、いい雰囲気の店内と気さくなご主人が他のお店よりもいい味を出しています。でも、小さなお店なので今のペースで地道に頑張ってもらいたいと思います。
追伸、5連休が終わってしまいます(^^;  さあ~重い体に鞭打って明日から仕事しま~す。蕎麦にはダイエット効果があるのかな?それより、蕎麦に含まれているルチンは肝機能を強化するらしいです。やっぱり、昔からお酒とお蕎麦っていうのは相性抜群なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

豚三昧

tonkatsumomonosizukubutashabushochu

                     10日、11日の夕食は豚カツと豚シャブというトントン拍子の食事でした。まず豚カツは、汐留の「かつくら」さんで食べました。最初は京都のおばんざいに日本酒という取り合わせでした。風呂吹き大根や京野菜のおひたしに豚の角煮や串揚げ、それにコロッケなどをつまみに美味しいお酒をどんどん飲んでしまいました。最初に出される壷に入って出てくるお漬物もとっても美味しかったです。「桃の滴」という銘柄のお酒を初めていただきましたが、口当たりの良さだけでなく、お店の方のサービス精神旺盛なお酒の注ぎ方と京言葉にすっかりいい気持ちにさせられてしまいました。そんな中で、お酒は「祇園小町」と「玉乃光」も美味しくいただきました。そして、〆には当然ながら豚カツを食べてきました。日本酒と豚カツ、いいコンビだと思います。それに汐留「かつくら」さんの店長のやさしい心遣いが、とってもいい雰囲気を醸し出していました。本当にごちそうさまでした。
そして、昨日は有楽町にある鹿児島県のアンテナショップである黒豚のシャブシャブ屋さん「いちにいさん」に行ってまいりました。こちらでは、肉豆腐と薩摩揚げにカツオの刺身風サラダを前菜に取りまして、焼酎をいただきました。「 一本〆」という鹿児島の芋焼酎でしたが、さっぱりとした感じの飲み口でした。メインの豚シャブは肉に甘みがあって、蕎麦つゆに柚子胡椒と刻みねぎをたっぷりと入れた特製のつけだれに浸して食べると絶品でした。お店のサービスはそれほどではありませんが、お肉の美味しさで十分満足できました。最後にお蕎麦で〆てきましたが、焼酎と豚シャブの組み合わせもバッチリでした。せっかく美味しい鹿児島の料理が揃っていたので、もう少し落ち着いた雰囲気で、じっくりといろいろな焼酎を飲んでみたい気がしました。
追伸、豚三昧で満足感をしっかりと味わえましたが、その反動ですっかり体が重くなってしまいました。このままでは黒豚というよりは「紅の豚」一直線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

休日の午後

のんびりと公園で缶のカクテルを飲んでいたら、寒くなったので暖かいお茶も飲みました。風は少し春の予感です。pic_0079.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

ミステリー野球小説

DSC00549昨日からお休みをいただいているので、サッカーを見終わってから本を読み始めました。まず、最初が「サウスポー・キラー」です。「このミステリーがすごい!」大賞の作品です。一行目のストレイトという表現に違和感を覚えながら最後まで一気に読みましたが、やっぱり最後まで違和感を感じたままで終わってしまいました。ネタバレは避けたいと思いますので、作品の内容には触れません。ただ、これを原作としてテレビで放映するなら主人公の相手役は黒谷友香さんしかないでしょうね。野球ファンよりも黒谷さんファンにはいい作品かも知れません。
違和感を覚えたまま一夜を過ごし、朝から「季刊・島田荘司Vol.4」に掲載されている御手洗潔シリーズの「最後の一球」を読みました。野球に関係する題材だろうと思っていたのですが、ズバリ当たりでした。新人作家とミステリーの大家を比較すること事態が間違いなのだとは思いますが、昨夜からの違和感は消え去り、爽快な気分にさせてもらいました。野球で言えば球質の差というのでしょうか、小説で言えば現実性と非現実性の差というのでしょうか。個人的には、やっぱり御手洗シリーズの重い球質と非現実性の中の現実の方が好みです。たまたま12時間の中でミステリー野球小説を2篇も読んでしまいました。野球で言えばダブルヘッダーを消化した感じですが、さあ~天気もいいですし、午後から出かけてきます。美味しい食事と美味しいお酒を飲んで、楽しい時間を過ごしてきたいと思います。
追伸、昨日のサッカー冷や汗ものでしが、勝ててよかった~ブログの話題は野球でも写真はやっぱりサッカーでしょう。新スーパーサブ・大黒選手よ、ありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/09

風の歌を聴け

kazenoutawokike昨日の夜ケーブルテレビでやっていた「風の歌を聴け」をビデオに撮っていたので、忘れないうちに観ました。ATG時代の大森一樹監督の作品です。作品の出来はこんなもんなんだろうという程度の出来でした。やっぱりハルキワールドを映像化することは無理なのかもしれません。導入部分で懐かしい坂田明さんの悲鳴のようなサックスが聴こえてきたところでは、大いに期待したのですが、途中で流れるBGMのセンスがお粗末過ぎた気がします。もう少しハルキワールドに近いBGMだったらいい雰囲気が出せたと思います。でも、室井滋さんのヌードを観ることができました。
あとで調べてみると室井さんのデビュー作品だったようですが、女優さんはよくデビュー作品では裸になりますよね。記憶にあるところだと田中美佐子さんに今井美樹さんに高樹沙耶さんとか結構最初は売れるために何でもありって感じで頑張りますが、あとは隠すのがプロダクションの作戦かも知れません。桑田さんが音楽を担当した「モーニング・ムーンは粗雑に」の高樹澪さん、七瀬なつみさんに黒木瞳さんとまだまだ大勢名前が出てきます。この中では黒木さんだけはいろいろな作品で裸になっていますね。美人かつ脱ぎっぷりの良さが今でも人気を保つ秘訣なのでしょうか。
「風の歌を聴け」ではBGMが失敗だという感想を書きましたが、桑田さんが監督をした「稲村ジェーン」の失敗は清水美砂さんをヌードに出来なかったところにあるような気がします。ラストはやっぱりCGのサーフボードに乗って伝説の波の中で愛し合うシーンだったら、もっと評価が上がったような気がします。(まだシャラポア現象の余韻が・・・)もっと踏み込んで言えば、あの作品の敗因は裸に出来ない清水美砂さんをヒロインにしたことにあるのでしょう。新人女優のデビュー作品にして「稲村ジェーン」の曲の通りの世界が描ければ良かったのでしょうが、桑田さんもあれ以来メガホンを取らないということは映画の世界(ビジネス)の難しさを実感されたのでしょう。でも「風の歌を聴け」と違ってBGMだけは最高でした。特に「希望の轍」大好きです。
追伸、さあ~サッカーです。本当に高原さんがスタメンで出ないのかな~ジーコ監督に「孫子の兵法」を読ませたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

一度で三度美味しいもの

ichidodenido今夜は豆もやしを食べました。これって結構、健康的な食べ物らしいのですが、ブームにならないですね。どうしてなんでしょうか?以前「あるある」で、もやしの特集をやった時には翌日のスーパーの棚からもやしが消えたという話ですが、豆もやしではそういう話を聞きません。でも、個人的には好きなんですよ、この「豆もやし」ってやつが。豆ともやしの味と食感が一度で味わえるんですよ。世の中に一度で二度美味しいものってあまりないと思いませんか?そんな中で、この豆もやしは一度で二度美味しさを味わえる代表選手だと思います。次に一度で二度美味しいものは・・・すぐには浮かばないですね。うーん、そうですね~「コーラ」なんていうのはどうでしょうか。グッと一気に飲んで喉越しの爽快感を味わった後で、今度はゲップという2度目の爽快感を味わえます(^^;  ちょっと下品だったみたいですね。
次は名誉挽回です。でも、あんまりすぐには浮かんできません。アッ!忘れていました名古屋名物「ひつまぶし」がありました。これは一度で三度美味しさが味わえますね。名古屋駅の高島屋の地下で売っている「しら河」のひつまぶしは、うなぎ弁当の中の絶品です。三島駅で売っている桃○軒の「うなぎ弁当」とは次元の違う食べ物です。三島のうなぎ弁当が腹の足しに最適な弁当だとすれば、しら河のひつまぶしは、じっくりと味わうのに最適なうなぎ弁当です。名古屋に行く機会があったら味噌カツチキン弁当をガマンして、「しら河」のひつまぶしで三度の美味しさを体験してみて下さい。
追伸、そう言えばグリコは一粒で300メートルというのがキャッチでしたが、グリコよりも「おまけ」の方が好きでした。今でも食玩を集めるのは結構好きです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

今夜はリゾット

DSC00535本当に手抜き料理です。レンジで2分加熱すると「きのこクリームリゾット」の出来上がりなんですから、楽はラクなんですが、こんなに手を抜いていいのでしょうか?一日の終わりの大人の夕食ですよ。レンジでチンじゃちょっと侘しすぎますね。そう言えばリゾットを食べたのは、生まれてこれまでに2回ぐらいしかありません。イタリアンと言えば、ずっと「パスタ」しかないと思い込んでいました。わざわざレストランでお金を出して雑炊を食べるという感覚わかりませんでした。今でもあんまりわかっていませんが(^^;  なのに今夜は何故かリゾットです。理由は簡単です。スーパーで安売りしていたので、この間のペンネと一緒に買ってきました。やっぱり、世の中の一般大衆もわざわざお金を出してリゾットを食べようと思っていないから、安売りになったのでしょうね。(ただの偏見でしょうが・・・)                                     それはさておき、さすがにリゾットだけでは寂しすぎるので、そこでもう一品努力してみました。DSC00536努力といえば、そうです「納豆」ですね。真剣に箸でかき混ぜて、粘りを出して、美味しいデザートの出来上がりです。今日は休肝日、同系色で揃えたリゾットとデザートを食べて、ぐっすり眠りたいと思います。うん?このリゾット美味しいです。イタリアン雑炊も侮れません。レンジでチンの誘惑は、努力の二文字を忘れさせるほどの魔力があります。
追伸、「納豆」と「豆腐」の関係は、中国から日本に入るときに名前を取り違えたという説があるそうです。普通に考えれば、豆腐は「納豆」で納豆は「豆腐」ですよね。が、しかし、中国でも豆腐は「豆腐」だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/06

電車男とシャラポア現象

DSC00532流行に弱いので「電車男」を読破してしまいました。当然ながら、午後はやっぱりテニス中継も見てしまいました。その合間に皐月賞を見据えて、競馬中継(共同通信杯)も見てしまいましたが・・・そして今、テレビには哀川翔さんが映っています。昨日話題にしたので何だか不思議な感じです。
さてさて、電車男とシャラポア現象の関係性ですが、これは電車男を読んだ方にはおわかりかと思います。読んでいない人には多少ネタバレになりますので、ゴメンなさい。それは、初めて電車男がエルメスさんの家に行った時、エルメスさんがかがんだ時にチラッと胸元から見えた時の気持ちとシャラポア選手がテレビに映し出されて、サーブを受ける時のテレビのアングルで期待する気持ちは、ほとんど同じことだということです。男はやっぱりそういう偶然がうれしいのです。やっぱりチラリズムというのはいいものですよね。なんだか得したみたいで。最近ちょっと、なんだか話題がエッチ系になっていますが、やっぱり春が近づいているみたいです。こんな夜には「エロティカ・セブン」でしょうか。まあエッチな気分になるは元気の印ということお許し下さい。でも、サザン好きな人だったらこれぐらいは大丈夫だと思いますが、桑田さんほど巨乳好きではあ~りましぇん(^^;
追伸、今日のお昼は味噌ラーメンでした。そうそう、今テレビは黒バラをやってます。中居クンの「水かけご飯」には負けますが、納豆の糸だけでご飯を食べる「糸引きご飯」をお試し下さい。材料は納豆と醤油とご飯があれば大丈夫です。とにかく4-5本の箸で納豆を一生懸命かき混ぜて糸をたくさん作って下さいね。努力した分だけ、ご飯に混ぜるおかずが増えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サザンの桑田さんと一緒に

DSC00528プラレールでコースを作っている夢を見ました。限られたレールの部品をつなぎ合わせて、いかに素晴らしいコースを作り出すということを桑田さんと一緒に必死に考えていました。あるカーブを凝ったコースにすると部品がなくなってつながらないという問題がなかなか解決できずに朝を迎えてしまいました。桑田さんと一緒にプラレールを作っていた部屋はマンションの一室という感じでしたが、明け方太陽の光が窓から差し込んできました。超現実的で、早朝だというのに暖かかったな~      一体、桑田さんと一緒にプラレールを作るという夢にどんな意味があるのでしょうか。そうですね~心理学者のフロイトが唱えた夢判断からするとプラレールは願望の代償(願望充足)であり、レールを敷くというのは生き方を現しているから、「ぽっぽや」に転職しなさいというお告げかも知れません。ちょっと強引で非論理的ですかね。今朝は夢で桑田さんに会えてなんだかうれしい気分です。アッという間に立春も過ぎました今朝の頭の中にはサザンの「彩~Aja~」が流れています。ほのぼのとした春にしたいものです。
追伸、写真はジュリアンという花です。花言葉を調べたら「青春の悲しみと喜び」という意味を唱えているものと「永続の愛」というものと諸説いろいろありました。夢判断と同じ位いい加減なものなんでしょうかね。ジュリアと言えば、ハートブレイクだけなんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

流行に弱い性格

tenpurasoba今日はゆっくりとしていました。午後ふとテレビをつけると女子テニスをやっていました。流されやすい性格ですから、今話題のシャラポア選手を思わず目で追っかけてしまいました。相手は日本の選手なのですが、どうしてシャラポア選手を応援したくなってしまいます。でも、途中からテニスを見ているのか違うところを見ているのかわからなくなってしまい、少しでもその部分を見たいから日本の選手を応援したりして・・・たぶん、9割以上の男性はテニスよりもシャラポア選手の胸元に視線が釘づけになっていたはずです。そうでしょ松岡修造君!                   同じような年頃の卓球の愛ちゃんがあんな胸元だったらと思うと・・・ゴメンなさい想像ができません。どうしても想像する前に頭の回路が閉じてしまいます。当然キャラが違いますからシャラポア選手と愛ちゃんを比較することには無理があるようです。卓球の愛ちゃんには悔し涙と屈託のない笑顔がお似合いです。明日は決勝なのかな~シャラポア選手を応援しちゃおうかな~でも、視線は・・・でも、みんな同じ考えだから(たぶん)許してもらえますよね。そう言えば、去年はいろいろとアイちゃんブームでしたね。卓球、ゴルフ、水泳とアイちゃんの人気がすごかったのですが、男、哀川翔も頑張ってましたね。
追伸、哀しい川を翔ぶと書いて「哀川翔」今夜WOWOWでゼブラーマンをやってました。そして、今日のお昼はお蕎麦に天麩羅を乗せて「天麩羅蕎麦」お蕎麦だけは流行に流されません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の売春捜査官

s-yoshimi
金曜日の夜は末期的集団の新年会でした。樋口一葉が寂しげに飛んでいってしまいましたが、これもお仕事です。それでも作り笑いに疲れてしまい、記事を書くのもこんな時間です。                                   さて、本題です。つかこうへいさんを知ったのは学生時代でした。それからしばらく、つかさんの魅力に引かれ舞台に通っていましたが、仕事が忙しく一時期疎遠になっていました。あるとき近くにつかさんの公演があることを知り、久々に舞台に接してみました。それが由見あかりさん主演の熱海殺人事件「売春捜査官」でした。久々に観るつかさんの演劇でしたが、泣けました。泣いた泣いた泣けました~。それから再びつかさんにハマッていますが、未だに由見さんの世界を超える熱海を観ていません。あの感動は偶然が偶然を呼んだのかもしれません。でも、もう一度紀伊国屋ホールで由見さんの舞台を見ましたが、やっぱり泣けました。                                         今では由見さんの「売春捜査官」を超える演劇に出会うために北区つかこうへい劇団に通っています。来月には紀伊国屋ホールで上演されますが、「売春捜査官」の感動を超える演劇に出会えることを楽しみに出かけて行きたいと思っています。そうそう、最近では一昨年の筧さんの「飛龍伝」も素晴らしい感動を与えてもらいました。あの時の広末さんのオープニングは最高に良かったな~芝居で泣けるっていいですよね。
追伸、由見さんのエンディングの決めのポーズとカーテンコール、そして「いとしさとせつなさと心強さと」そう、あのときの台詞のように「パーフェクト、まさにパーフェクトです」最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

節分カレーです

curry2月3日が何の日なのか気になったので、ちょっと調べてみました。節分は当たり前でしょうが、「のり巻きの日」でもあるんですね。これもセブンイレブンを筆頭にコンビニで恵方に向かってのり巻きを「丸まぶり」なんて宣伝しているから、ここのところ急に有名になってきました。バレンタインデーがチョコレート業界の陰謀だとすれば、この「丸かぶり・のり巻きの日」も海苔業界の陰謀みたいです。よくよく調べてみると、のり巻きの日ができたのは1987年のようですが、その21年も前に「海苔の日」というのが決められているのですが。そしてその日は、なんと今日から3日後の2月6日なのです。
海苔業界は2月に売上が落ち込むのでしょうか?1週間の間に海苔に関する記念日が2回もあるのです。さすがにチョコレート業界もバレンタインデーの近くにチョコレートケーキの日とかホワイトデーにはホワイトチョコレートをなんて宣伝をしないですよね。どちらかというと海苔は乾燥してパリパリしているので、海苔業界もあっさりしているのか思っていましたが、海苔の拡販に向けて地道にかつ、したたかにPR活用を続けた粘り強さに感心しました。もしかして、海苔はのりでも「糊」じゃないですよね。海苔の拡販に協力できなくて申し訳ないのですが、今夜の夕食は「節分カレー」です。とは言っても普通のカレーですけど。
追伸、なんと今日は「ジュディオングの日」でもあるようですが、彼女のオフィシャルHPには載ってません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/02

水曜日は酔曜日

penne水曜日という響きを聞くとついビールが飲みたくなってしまうのです。基本的に休肝日を2日連続で作るという考え方なので、月火はアルコールには手をつけません。そうすると水曜日に飲むビールが一段と美味しく感じられるわけです。今夜はレンジで出来るペンネを食べながらビールを飲んでます。日本酒も焼酎もウイスキーもなくなってしまったので、次に飲むのはチョーヤの梅酒しかありません。
うーん、どうしようかな~    今週は、今夜飲んで一日空けて、金土日とたぶん連続で飲んでしまうでしょう。この頃の標準的なパターンです。肝臓の立場からすると4勤3休ですから少し休み過ぎなのかもしれません。酷使はいけないですけど、休み過ぎもいけないような気がします。もう少し働かせないと怠け癖がついてしまうかも知れません。最近の夕食は完全に怠け癖の象徴でしょうね。肝臓を働かせるためにも、もう少しまともな料理で美味しいお酒が飲みたいものです。今夜は反省をしながら、粛々と梅酒でお清めをしたいと思います。
追伸、一番好きなお酒は日本酒でしょうか、その中でも好きなのは山梨の七賢さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/01

大好きなお蕎麦「山形のさがえそば」

nattoutukimisoba夕食は温かい納豆月見蕎麦です。このお蕎麦は、10年以上前からお気に入りの卯月正美製麺所の「さがえ蕎麦」という乾麺を茹でたものです。ここの蕎麦は他の乾麺にない蕎麦の風味が味わえます。そんなに蕎麦粉の割合は高くないようですが、蕎麦本来の風味とシコシコ感は際立っています。この「さがえ蕎麦」のいいところは茹で上げてからしばらくの間は食感が保たれてるため、もう一枚食べたくなるという不思議なお蕎麦なのです。挽きぐるみの製法がいいのかも知れませんが、もりそばとして食べるとその旨さが体験できますから、これは是非オススメのお蕎麦です。ひとつだけ、注意しておきたいのは茹で時間を袋に書いてある時間よりも1分だけ早めて下さい。これだけは守ってもらいたいと思います。この1分でシコシコ感と蕎麦の風味がまったく違います。(袋の表示をどうして訂正しないのか不思議でしたので、今日お店の掲示板に書き込んでしまいました) sagaesobaそう言いながら今夜は暖かいお蕎麦ですが、やっぱり寒さには勝てません。暖かくすると喉ごしは、もりの時より多少劣りますが、それでも美味しい「さがえ蕎麦」です。
  追伸、今では製造元は「卯月商店」という名前に変更されました。また、正式な商品名も「山形のさがえそば」になっています。楽天から注文できますから、是非ともお試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »