« 新春恒例 | トップページ | 豪華な焼き鳥ディナー »

2005/01/14

高島アナ

s-aya
高島アナの本名は高島彩ということは周知のことだと思いますが、深夜で活躍していた頃は、よく「アヤパン」と呼ばれていました。しかし、最近ではそういう呼び方をあまり耳にしません。原因は最初に書いたところに起因しているのではないかと思うのです。アナ≒彩ですから、「アヤパン」が「アナパン」と誤解を受けてしまうという可能性が高いと思いませんか?   そうなると、アナ=穴ですから、「アヤパン」=「アナパン」=「穴の空いたパンツ」という発想に結びついていくわけです。だから、「アナパン」と誤解を受けることは大きなイメージダウンにつがるのではないでしょうか。    こんな下らないことは3パーミルぐらいの人しか考えないのかも知れませんが、高島アナ≒高島彩に気がついてしまってから、頭の中ではそういう論法が浮かんできてしまったのです。なんだかスゴイ発見をしたみたいで(青色発光ダイオードーに影響を受けたみたいです)眠気が飛んで目が冴えてきてしまいました。   個人的には高島アナの斜に構えた媚を売る話し方が嫌いなのだと思っているのですが、嫌いは好きの鏡だとある人に言われてから、本当は気に入っているのかも知れません。それが証拠にこんな写真まで持っているのですから、高島アナは好きなタイプなのでしょうかね~(^^; でも、やっぱりウッチー派かな~それより、いつか名前が「ANA」っていうアナウンサーが出てこないかな~「あなたはアナだ。ANAアナだ~」な~んてね。これじゃあ~今夜は眠れないみたいです。  追伸、写真を大きくする方法を偶然知りました。
記事を読んだらポチッとお願いします。→にほんブログ村 ポータルブログへ

|

« 新春恒例 | トップページ | 豪華な焼き鳥ディナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75840/2566812

この記事へのトラックバック一覧です: 高島アナ:

« 新春恒例 | トップページ | 豪華な焼き鳥ディナー »