« 星新一から筒井康隆そして村上春樹 | トップページ | 1973年のピンボール »

2005/01/24

孤独の太陽

s-chukadonサザンの桑田さんはソロアルバムでもいっぱい名曲を残しています。このところお気に入りなのは、今夜のタイトル「孤独の太陽」です。このアルバムから3曲選ぶとしたら、まずは「すべての歌に懺悔しな!!」でしょうか。風刺がキツイ歌詞ですが、最近テレビのCMで「金色のライオン」を見る度に思い出してしまいます(^^;   次は「飛べないモスキート」ですね。落ち込んだ時についつい口ずさんでしまいます。そして最後は「JOURNEY」です。この曲は最近、特に好きになってきました。10年以上も前にこんな心境の曲が作れる桑田さんには敬服してしまいます。やっとこの曲の良さがわかってきたというのに・・・   無駄に生きてきたわけじゃないのに、この曲の良さがわかるのに10年もかかってしまいましたでも、寒い時期にはバラードはいいですよね。桑田さんのバラードには心を揺さぶる響があると思いませんか?涙もろい年頃なので、この曲を聴いているだけで涙腺が・・・まったく「孤独の太陽」気取りですが、今夜のお薦め「JOURNEY」は桑田バラードの名曲です。
追伸  今夜は中華丼です。この部屋には、「孤独の太陽」よりも「孤独の中華丼」の方がずっとお似合いの雰囲気です。

|

« 星新一から筒井康隆そして村上春樹 | トップページ | 1973年のピンボール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤独の太陽:

« 星新一から筒井康隆そして村上春樹 | トップページ | 1973年のピンボール »