トップページ | 2005年2月 »

2005/01/31

寒い夜にはラーメンライス

sapporo1ban昨日までの贅沢な食生活とは打って変わって、今夜はカップ麺の「サッポロ一番みそラーメン」にサトウのご飯というイージーな夕食でした。一応ラーメンには玉子を入れて少し栄養素をアップさせていますが、ちょっと貧しさが漂う食卓でした。でも、昨日の中居君の番組でやっていた水かけご飯に較べれば、かなり豪華な食事なのかも知れません(^^;     今までいろいろとインスタントラーメンを食べてきましたが、この「サッポロ一番みそラーメン」は昔から大ファンです。今夜は流し台が寒かったので、カップ麺タイプを作りましたが、やっぱり袋入りタイプの方が愛着があります。    出来上がってから七味唐辛子をかける楽しみは何とも言えません。これはやっぱり、赤い糸で結ばれた「カプサイシン神話」繋がりなのでしょう。外は寒さが厳しくなっているみたいですが、このpack「サッポロ一番みそラーメン」のパッケージを見ているだけでなんだか暖かくなってきます。オレンジ色がいいのでしょうかね~今夜はサッポロ一番を抱いて布団に入ろうかな~冗談ですよ。ラーメンじゃなくて、誰か蕎麦に来てくれないかな~                               追伸、本当はラーメンよりも蕎麦の方が好きなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/30

仙台で満足で~す

hoyanoshiokarauragasumidatenogyutantsuuteishoku                       仙台から帰ってきました。昨日は携帯から記事を送っていましたが、やっとパソコンから入力しています。昨日、居酒屋からお刺身の記事を送りましたが、実は食べた中で一番美味しかったのは「ホヤの塩辛」でした。これで浦霞をやると仙台に来て良かった~という気分になりました。今回は牛タンを食べに来たのですが、やっぱり地の物はいいですね。生ガキの代わりをホヤの塩辛が十分務めてくれました。    そして、今日のお昼は仙台駅にある牛タン通りで「伊達の牛たん」というお店の「通定食」という牛タン丼を食べてきました。牛タンの厚みはそれほどないのですが、塩味とはちょっと違った独特の味付けがしてありました。これで620円とはお得です。でも限定30食なので、すぐになくなってしまうみたいです。12時前に入ったので食べられましたが、これはオススメです。    昨日、今日と仙台の美味しいものを一杯食べてきましたが、天気も良く昨日は気温も10度と全然寒くありませんでした。今日は小雪が舞って、みちのくの冬といった感じでしたが、新幹線で約2時間かけただけのことはありました。次に来る時には牡蠣三昧をしてみたいと思います。     追伸、一度で十分に楽しめる「百代の過客にして」 仙台、満足、奥の細道、超しあわせ紀行でした。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/29

みちのくの夜は更けて…

夕食は居酒屋へ行きました。でも、生ガキがないなんて…それでも、お刺身最高でした。浦霞も喉ごし良かった〜!大満足です(^^)vpic_0078.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモメが飛んだ

天気がいいので、松島まで足をのばしてみました。餌を求めてカモメが寄ってきます。餌の切れ目が…正直です(^^;)pic_0077.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待望の牛タン定食(^-^)

gyutanついに仙台で牛タンを食べました〜老舗「利久」さんの牛タン、肉厚で美味かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ牛タン!

さあ〜上野です。今から仙台に向かいます。pic_0075.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/28

出張でした〜

まじめに会議をしてしまい、写真はとれず疲れはたまり、さんざんでした。でも少しパワーは、もらってきましたけど(^^)v もっと、ゆっくりと宿泊出張したいな〜 追伸、シューマイたまにお世話になってます。pic_0043.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/27

HAPPYな気分で行きますか~

DSC00377今夜も会合がありまして外食でした。これで3日連続夕食の写真がありませんので、誠に残念です。(何が残念かよくわかりませんが)明日は静岡方面に出張なので、やっぱり外食になります。できれば写真を撮ってきたいと思っていますが、どうなることでしょうか。  土曜日は何故か仙台で牛タンを食べる予定になっていますが、やっとサブタイトルの「食事は文化だ~」なんて話題が提供できるのかな~
今日の写真は、「生活のエネルギー」サザンのアルバムです。やっぱり美味しいものを食べて、いい音楽を聴いてハッピーに生きたいですよね。今朝の写真がアフターダークでしたから、夜が明けた気分でバラードから元気のいい曲が聴きたい気分です。そうなるとHAPPYの1曲目の「マンピーのG★SPOT」ですかね~さあー給料もらったし、派手に行きますか~明日は楽しい一日になるかな~ウン、なるなる。
追伸、深キョンの富豪刑事が始まってしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きした朝は~アフターダーク

afterdark昨日は早く眠ってしまったので、今朝の目覚めはいつもより1時間も早く起きてしまいました。テレビをつけるとちょうど「めざましテレビ」のオープニングでした。軽部アナが映し出された時にふと誰かに似ていると思ってしまいました。テレビでブランドものを紹介する頭がひさしのようなっているメガネをかけた人・・・うーん、名前が出てこないけど、その人に似ていると思ってしまいました。わかる人にはわかるでしょ。            追伸、今朝はチカちゃんは熱海の梅園へ中継に行ってます。元気のミナモトに出てこないと寂しいよ~でも、メガネをかけていないミナちゃんがいるからいいかな~ロール白菜食べたいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/26

オーラと色気と黒谷友香さんと・・・

DSC00338今夜は焼き肉屋さんで新年会でした。もう結構お腹が一杯です。この頃、このブログに熱中してしまい睡眠不足が続いています。ブログに書き込んで内容を修正して、確認して、修正してなんてしていると午前0時を回って1時を過ぎているのです。月火と、もう2日も続いています。当然、仕事中眠いと言ったらあ~りましぇん。メールを読みながら瞼を閉じてしまいます。どうも凝り性なんですよね。でも熱しやすくて冷めやすいかも・・・「ダビスタ」とか「野球つく」とか「みんゴル」とかハマリやすいのです。ゲームに熱中すると夜明けまでなんてこともありました。金曜日から日曜日までやり続けてしまったこともありました。興味の範囲が狭い分だけ深くハマリやすいのですが、あまり長く続かないのです。性格なんでしょうね~    最近チョーヤの梅酒を飲んでいます。少し高そうな入れ物入っています。チョーヤの梅酒と言えば以前CMに出ていたのは黒谷友香さんでしたね。さーらりとした梅酒なんてね。でも、この少し高そうな梅酒はちっともさーらりとしていません。少しドロッとしていますが、その分旨味が出ていると言った感じです。       今度つかこうへいさんのお芝居に黒谷友香さんが出演されるのですが、さーらりとした感じになるのか、それとも少しは旨味のある演技をみせてくれるのか今から楽しみです。スタイル抜群だからちょっと演技に集中できなかったりして、去年の黒木メイサちゃんは、水野刑事役には色気の点で少し物足りなさがありましたが、物怖じしない態度は、将来の大物を予感させるものがありました。締まったウエストも良かった~若さっていいな~      今度の黒谷さんには演技力というより、まずはお色気に期待したいと思いますが、動機が不純でしょうか。でも、女優の魅力は華になれるかどうかですから色気は大切です。特に20代後半からはさーらりとした色気がなければ、ピリッとしないキムチのようなもんですよ。ピリッとしているからキムチいい~なんてね。黒谷友香さんに舞台から見つめられたらどうしようかな~影響受けやすいから、すぐに黒谷さんの信者になったりして・・・前歴が多いから冗談じゃないかも知れない。     どうも焼き肉で余計なホルモンを取りすぎてきたようです。今夜はこの辺で眠ります。それでは、また。   追伸、むか~し、黒タイツ姿のかとうかずこさんをつかさんの舞台で見た時、もの凄い色気を感じたことがありました。やっぱり、オーラって色気なのかな~黒谷友香さんで検証してみよう!
記事を読んだらポチッとお願いします→にほんブログ村 ポータルブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/25

1973年のピンボール

murakimiharuki会社に入って、毎日飲んだくれていた時、本屋で目にした薄い黄色い背表紙の文庫本「1973年のピンボール」。それが村上春樹さんとの出会いだった 。今まで感じたことがないような感傷的な気分にさせられた。ゲームセンターでピンボールをしてもそんなに得点を上げたこともなくて、何がどう共感したのかわからなかったが、すぐに「風の歌を聴け」を読んでいた。本当は順番が逆だったのだけれど、そんなことはどうでも良かった。とにかく、その時から村上春樹さんにハマッてしまった。「羊をめぐる冒険」を読んだ時にはハルキワールドの住人になっていた。      作家の世界に入ったのは星新一さん以来だった。羊に描かれてあった星印が何かの縁だったかも知れないが、密かにハルキワールドの住人はマニアックなファンになりつつあった。そしてしばらく経つと、巷では「ノルウェイの森」が大ベストセラーになっていた。へそ曲がりのファンとしては、一時期ハルキワールドから足を洗っていたのだが、さすがに耐えられず、禁断症状のように新しい作品がでる度に、読み漁るようになっていた。     そう、ハルキワールドの主人公は仕事に追われることがないのである。ビールを飲んで、スパゲティーを作り、旅に出るといった調子で現実感がまったくない。そんな世界に憧れたのかも知れないし、現実逃避をしていたのかも知れない。でも、とにかく鼠の生き方に共感を持っていたことは事実だった。さりげなく、Jay’s Barのカウンターに座ってみたかった。       村上春樹さんも今では人気作家になってしまったが、その分だけハルキワールドの個性が薄くなってしまった気がするけれど、「スプートニクの恋人」では初期の作品と同じくらい泣いてしまった。すっかり影響を受けて、同じ世界で同じ月を見ることだけで幸せと感じるようになったのだが、最近は月を見る余裕もない今日この頃である。羊を探す旅に出ようかな~とりあえず、窓を開けて冬の星座を眺めてみよう。                     追伸、今夜は珍しく外食だった。そして、明日も外食の予定。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/01/24

孤独の太陽

s-chukadonサザンの桑田さんはソロアルバムでもいっぱい名曲を残しています。このところお気に入りなのは、今夜のタイトル「孤独の太陽」です。このアルバムから3曲選ぶとしたら、まずは「すべての歌に懺悔しな!!」でしょうか。風刺がキツイ歌詞ですが、最近テレビのCMで「金色のライオン」を見る度に思い出してしまいます(^^;   次は「飛べないモスキート」ですね。落ち込んだ時についつい口ずさんでしまいます。そして最後は「JOURNEY」です。この曲は最近、特に好きになってきました。10年以上も前にこんな心境の曲が作れる桑田さんには敬服してしまいます。やっとこの曲の良さがわかってきたというのに・・・   無駄に生きてきたわけじゃないのに、この曲の良さがわかるのに10年もかかってしまいましたでも、寒い時期にはバラードはいいですよね。桑田さんのバラードには心を揺さぶる響があると思いませんか?涙もろい年頃なので、この曲を聴いているだけで涙腺が・・・まったく「孤独の太陽」気取りですが、今夜のお薦め「JOURNEY」は桑田バラードの名曲です。
追伸  今夜は中華丼です。この部屋には、「孤独の太陽」よりも「孤独の中華丼」の方がずっとお似合いの雰囲気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/23

星新一から筒井康隆そして村上春樹

DSC00359今日は好きな作家について書いてみたいと思います。最初に影響を受けた作家は星新一さんです。中学生の頃に初期の作品集「ボッコちゃん」の中に入っていた「おーい でてこーい」に接してから、星ワールドに突然ハマリました。頭の中で暇があると一所懸命ショートショートを考えていました。今でもその癖がなくならないみたいで、会話の終わりにオチがないと済まない性格になってしまいました(^^;  次に影響を受けたのは筒井康隆さんです。高校時代に常識と非常識の間に弄ばれながら、夢中になって本を読み漁りました。「新宿祭」や「アフリカの爆弾」等いわゆるドタバタものにどっぷりと浸かっていました。「筒井さんの才能には追いつけないな」なんて、勝手に思ったりしてました。天才と狂気の境を本という媒体で実感させれたような気がします。     古い言い方をすれば、このSF界?の重鎮の影響力というのは、その後の考え方~思考回路というか~までかなり影響を受けてしまい、今でも少なからず、ずーっと引きずっています。   そして、謎の柔道家?村上春樹さん(その頃は柔道のオリンピック金メダリスト・上村春樹さんの方が有名でした)との出会い。もう少し書きたいところですが、昨日のゴルフの影響か体が痛くなってきてしまったので、また次の機会にしたいと思います。    追伸、今では本棚を一色に揃えたくて、背表紙が「黄色の本」を読むのが趣味です。ちなみに講談社文庫では村上春樹さんの背表紙は「黄色」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/22

DAWN PURPLE(ドーン パープル)

yoakemae今朝はゴルフなので早起きしました。日の出前に起きたので近所の景色を撮ってみました。なんだか朝日が出る直前というのは力が湧いてくるような感じがします。でも写真で見ると夜明けなのか、夕焼けなのかわからないのが残念です。これは、間違いなく今朝の風景です(^^;    夜明けのパワーをもらって、ゴルフ場に着くと一段と風が強くどうなることかと思っていましたが、午前中は最近まったく練習もしていないのにまずまずの出来でした。さすがバイオリズムと思えば良かったのですが、そんなことはスッカリ忘れて調子に乗って後半のラウンドを回り始めたのですが、風には弄ばれるし、邪心が入ったのか短いパットが全然入らず、いつものように散々な出来になってしまいました。前半はバイオリズムのお陰だとすれば後半はガンバリズムの空回りと言った感じでしょうか。まあ~怪我もなく今年初めてのゴルフは無事終了しました。今年はウッドとアイアンとパットの腕を磨きたいと思います(それじゃあ全部だって~それより、まずは練習場に行かないと・・・)
   たまのゴルフは暖かな風のない日にプレーをしたいものです。ガマン大会のような状態でするもんじゃないと思いますが、朝早起きして清々しい気分で朝日を眺めることができたことだけは救いでした。そう言えば、「陽はまた昇る」っていい言葉ですよね。むか~し、失恋した時に呪文のように唱えていました。今じゃ昔の呪文ですが、パワーを復活させるには、結構今でも効力がある言葉かな~なんて思ったりすることもあります。でも、最近はアルコール消毒が一番効果ある対処方法でしょうか。    今、急に思ったのですが、サザンの次にアルバムを持っているのはユーミンかも知れません。その中の「DAWN PURPLE」も好きなアルバムです。これからも「夜明けのパワー」は大切にしていきたいと思います。「明日はきっと来るのだから・・・」そう信じて。今日はなんだか真面目な雰囲気になってしまいました。これもバイオリズムのせいでしょうか?とりあえず、土曜日はこんな感じで終わりそうです。            追伸、「DAWN PURPLE」の中では「9月の蝉しぐれ」大好きです。 ~おしえて、大人になるっていうのは もう平気になる心~ 好きなフレーズです。 でも、夜明けと言えばやっぱり「LOVE AFFAIR~秘密のデート」かな~ (初めて曲目にリンクの技を使ってみました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/21

オリジナルメニュー登場

s-DSC00351s-DSC00348今夜は金曜日、ちょっと手間をかけてオリジナルメニューです。題して「コロッケ豆腐」です。まあ~肉豆腐の肉がコロッケに替わったと思って下さい。作り方は簡単です。鍋に「すきやきの素」を適当に入れて水で薄めます。そこにお豆腐を入れて煮立ったころにコロッケを入れて暖めてから、最後に溶き卵を入れてマイルド感を出します。ホントに簡単でおいしい料理です。これをつまみにしてビールをグッとあおると最高です。当然七味唐辛子でアクセントをつけてカプサイシン神話のおまじないをかけてます。あんまりアルコール消毒をしすぎると明日のゴルフに影響しますから(それより早起きが辛い)、適当に飲んで締めは鍋に残っている汁にうどん玉を入れて「すきやき風味ポテトうどん」を作ります。コロッケの具(ポテト)がうどんに適当に絡まってボリュームが出ます。もうここまで食べたらお腹が一杯で満腹中枢が悲鳴をあげています。さすがに、ちょっとグルシイ~ので、今夜はこれで失礼します。ではでは良い休日を。         
追伸、今夜の材料で一番高かったのは「すきやきの素」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/20

サザンがテーマ曲なんですが・・・

s-DSC00345朝ときたら、やっぱり「女呼んでブギ」(「彼女が水着にきがえたら」の田中美佐子さんの留守電好きだった~)で目覚めて、「ふぞろいの林檎たち」のバックで流れていた「My Foreplay Music」を頭の奥で奏でながら急いで会社に向かい・・・ちょっと待った!スペルが怪しいから今サザンのHPで確認したのですが「My Foreplay Music」って「マイ フェアプレー ミュージック」じゃないの? 「Foreplay?」って「Fair Play」と違うんだと今頃になって気がついてしまったのですが、これって20年以上も勘違いしていたってことですか~!とにかく「Foreplay」の意味を調べてみようなんてinfoseekで確認してみたら・・・。エッ、「前戯」だって、これはエライ思い違いだよ。ずーっと「フェアプレー」だと思っていたのに(^^;     まあサザンには「フェアプレー」というより「ラフプレー」のイメージが似合いますから、間違って思い込んでいた方が悪いのでしょうけれど「前戯」とはね。これじゃ「マイ フェラ レディ」の世界じゃないですか~「林檎」の中であの中井貴一さんが焦って走っているシーンのバックで流れているというイメージが強いこの曲のタイトルが「私の前戯の曲」ってタイトルとはね~そう言えば歌詞はセクシーだった・・・。好青年の中井貴一さんだから「フェアプレーの曲」がかかっていたと信じていたのに~生活習慣病健診結果よりショックショックショック~です。こういうことって真実を知らない期間が長い程ショックが大きいですよね。      ショックついでに「林檎」の中で中井貴一さんのお兄さん役をやっていたのは、最近ニュースでよく呼び捨てで呼ばれている小林薫さんでしたよね。渋い演技の小林薫さんのイメージが強くて、あの事件と名前とがまったく一致しません。たぶん、中井貴一さんと「My Foreplay・・・」もそんな関係だったのでしょう。きっと中井さんのイメージが真実を伝えなかったのでしょう。(単に勘違いですけど)      「ステレオ太陽族」から20数年間の誤解が解けたトラックバックでしたが、「サザンがテーマ曲」のタイトルから大きく脱線してしまいました。仕事中にも休憩中にも聴きたい曲がもっともっとあったのですが、今夜はこの辺にしておきます。でも、おやすみ前には「海」を聴いて眠りたい気分です。そして、明日の朝は「稲村ジェーン」で目覚めたい気分です。            
追伸、今夜は寄せ鍋です。再度アルコール消毒にチャレンジします。そして2回目のトラックバック(トラックバック野郎「マイ・テーマソング」のお題)です。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/19

アルコール消毒

s-DSC00336鼻がガビガビして痛いので、今夜から自然治癒に変更します。治療方法はアルコール消毒です。もういい気分なので、指が思うように動きません。本当は一度入力したのに操作ミスで消えてしまいました。ですからもう気力が続きまへんねん。瞼が下がってきとるで~。もうアカンアカン、阿寒湖のマリモ状態です。静かに眠りたいと思います。それでは、おやすみなさい。明日は完全復活しているでしょうか?シュバイツアーの気持ちがわかります。人類のためなら己の体を犠牲にするんだ!こんな思想は佐賀県民だら~葉隠入門か~さすがに、混乱してきました。サクランボウを訳してチェリー坊と言ったのは高橋留美子先生ですが、大塚 愛ちゃん可愛いですね~「可愛い岩か」これは回文です。もういけません、眠りに入ります。              追伸、今夜のつまみはエビせんとソラマメとスモークチーズです。ソラマメの解凍時間は70秒でしたが、タイムショックは60秒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

マリネは練馬

s-udon
調子が出てきたので回文特集・食べ物篇です。結構、冴えてきましたよ。もう大丈夫です。全てオリジナルのメニューですが、最初の注文はうどんをオーダーして「感動、うどんか!」なんていうのはどうでしょうか。
シンプルな出来栄えなんて自己満足している場合じゃないって、誰でも思いつくようなフレーズで、単純すぎるなんて非難を浴びそうな感じですね。次にはもう少し凝った作品を出しますから期待して下さいね。うどんの次はおでんを注文したいと思います。s-odenハイ、おでんの作品ですがこれはサッカーの小野選手に捧げます。「いつものおでんの具、飲んで小野もつい」なんてちょっと、洒落た出来栄えでしょ。相当考えましたらね~。かなり気に入った作品です。                                                              結構これでも頭を使っているんですよ。うまく出来ないと憂鬱になったり、頭が痛くなったりするんですよね。「鬱、頭痛 鬱、頭痛・・・」なんて、どこまでいってもこれも回文です。去年の暮れに思いついたのは「近鉄、転機」でした。スポーツ紙の見出しに使えそうだと思いませんか?でも、転機は過ぎちゃいましたね(^^;                              ちょっと食べ物篇から脱線しましたが、実のところあんまりネタがないのです。これが最後のオーダーです。s-yukkeビビンバに思いを寄せて 作ってみました。それではラストオーダーのビビンバです。「嘘さ、一番ビビンバ小さそう」        どうでしょうか?締めになりましたか。とりあえず、注文はここまでで「値段聞いたよ。大金だね」なんて回文で勘定を済ませてみたいと思います。それでは、看板の時間になりましたので、またのお越しをお待ちしております。   追伸、マニアックな回文・野球篇もありますが、またの機会に。そう言えば「エンタの神様」でも回文をやっていたけどブームになるのかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべしバイオリズム

s-mabo
スーパーカプサイ人の成果が出てきたようで、かなり体調は良くなってきました。そんな時ふと昔流行った「バイオリズム」というのを思い出したのでした。結構ブームになったような記憶があるのですが、今じゃ血液型とか星占いに押されてしまい、ほんとんど見向きもされないアイテムですよね。でも、まだシブトクありました「バイオリズム」のHPが。そこで生年月日を入力すると1月のバイオリズムが出てきました。それによると15日(土)は心身管理日で体調に注意とか書いてありました。そしてなんと16日(日)は、風邪予防日で風邪に注意しましょうと書いてあるではありませんか~!!!    ス、スゴイです「バイオリズム」どんな歴史があるのかは知りませんが、この体調を崩したことをあざ笑うかのようなコメントです。もっと早くからバイオリズムを知っていたら、こんなにノドが痛くなることもなかったでしょうし、鼻水ズルズルすることもなかったはずです。こんなによく当たるバイオリズムがどうして廃れてしまったのでしょうか。たぶん、あまりに当たりすぎて誰かが封印してしまったのかも知れません。いや、そうに違いない。じゃなければ、もっと浸透してNHKの朝のニュースで「今日のバイオリズム」っていうコーナーがあってもいいはずです。が、しかし、どうやって紹介するのでしょうか?「19××年1月1日生まれの人は、ギャンブルには手を出さないようにして下さい。感情のコントロールができない時期なので大損をしてしまうかも知れません」なんて一年365日、仮に90年分のバイオリズムを紹介していくと時間が何時間あっても足りないではありませんか。ガーン!!!「バイオリズム」が普及しなかったのはこれだったんだ~!やっぱり何でも弱点はあるのですね。あっさり納得です。    ところでこの普及しなかったバイオリズムによると、22日(土)はゲームの日ということでカンが冴え渡るそうです。この日は久々にゴルフをやる予定ですから、バイオリズムの予言通りにいくことを信じています。もし、スコアが悪かったら・・・当然「バイオリズム」を信じることは止めにします。試練バイオリズム!、バイオリズムに明日はあるのか!運命の土曜日です。それでは、結果は土曜日ということで。                        追伸、今夜の夕食は中国4千年の歴史「麻婆豆腐丼」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/17

春の俳句は回文で

中島美嘉さんが春の俳句を募集しているのは知っていたのですが、今日が締め切りとは知りませんでした。そこで今、急遽考えました。回文俳句です。「春ノルは 下から読んでも 春ノルは」春はノリノリの気分だということです(^^;    次はですね~「桜草 下から読んでも 桜草」どうでしょうか?これは「サクラソウ」って読んではダメなんですよ。「サクラクサ」って読んでいただかないと回文になりませんからね。こんな程度じゃあ、なんだか馬鹿にされそうですから、もうひと捻りしてみましょう。それではこれが、対ゴジラ最終兵器みたいな作品です。「春の端は 幾つし尽くい 母の流は」これはですね。読み方から言いますと「ハルノハハ、イクツシツクイ、ハハノルハ」と読むのです。春の端(終わり)に幾つも尽くした子供が旅立っていく姿を見て母が涙を流すという、感慨深い俳句なのですが、格調が高すぎるでしょうか?どうも回文では俳句は難しかったようです。中島さんゴメンナサイ。   最後に今の心境を「悔いはいく 下から読んでも 悔い俳句」というような感じでしょうか。それでもなんとか締め切りには間に合ったみたいです。いつか回文特集をやりますから、たのしみに待っていて下さいね。  追伸、初トラックバックうまくいくのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危うし「カプサイシン神話」

s-bongore
長い一日でした。鼻声で話すのが辛いという状態でした。昨日もらったユッケジャンクッパと洋輔さんパワーの勢いならば今日はもう絶好調と思っていましたが、停滞しています。不敗の「カプサイシン神話」が今、音を立てて崩れようとしています。なんて大袈裟に言わなくてもいいですよね。ただ体の芯から湧いてくるような、カプサイシンの効き目が感じられないのです。どうしたというのでしょうか。       まるで、けだるさが体中に充満しているような、そんな体調でしたが、今夜はボンゴレスパです。それに、ホウレン草のクリームスープを添えてみました。「カプサイシン」プラス「タウリン」プラス「ポパイパワー」です。たまの日曜日にフジテレビの「あるある」を見て、栄養士のような知識が身についてしまいました。でも、こういう役に立たない知識でも「病は気から」です。なんでも効き目の相乗効果があるように意識してみました。それでも、これだけでは不安なので、追加でパブロン3錠とハイビタン4錠を一気に飲みました。まったくサイヤ人みたいなパワーはすぐ出ないのでしょうかね~うーん、じれったい。
やっぱり、だんだんと抵抗力というのか回復力というのか、そういうものが少しずつ衰えてきたような気がします。そんな時、洋輔さんのような爆発的なパワーを見せられると、まだまだという気にさせられます。ピアノの前に座った洋輔さんは、まさにスーパーサイヤ人のようなオーラを全身に漲らせていました。こんな風邪もどきで弱音を吐いている場合じゃあ~りません。さあ~「カプサイシン神話」を信じて、スーパーカプサイ人にパワーアップするぞ!          追伸、ボンゴレにもしっかりと七味唐辛子をかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/16

復活のユッケジャンクッパ&山下洋輔さん

s-yukkejan
昨日の体調がボトムとすれば、やっと右肩上がりの調子になってきました。今日のお昼は冷たい雨降る中、新宿の韓国料理のお店でユッケジャンクッパを食べました。「クッパ」なのに880円という値段でしたが、自分でコチジャンを足して頼るは「カプサイシン神話」でした。しかし、そのお陰かやっと飲んだパブロンのお陰かわかりませんが、調子が戻って参りました。      いささか薬の効き目で眠気も襲ってきましたが、なんとか鼻水も止まり頭がボーっとする程度で山下洋輔さんのコンサートに行くことができました。ユッケジャンクッパに感謝感謝です。そして、洋輔さんのコンサートがまた元気のミナモトのような、パワフルな演奏でますます元気にさせられました。忠臣蔵を知らなくてもミュージシャンたちのルール無用のガチンコ勝負的なアドリブによる掛け合いと熱気に惚れ惚れしてきました。正月からいいもの見させていただきました。        コンサートの終わりの方ではブレーメンの音楽隊のように客席のところまでミュージシャンが降りてこられて、会場内を練り歩くという客席と舞台とが一体化するようなコンサートでした。毎年趣向を凝らしたコンサートですが、今年は特に感激させられました。「アワダンス」のアドリブでは周りのミュージシャンが吹き出してしまうような演奏やらダンスを披露するようなサービスもあって、まるでプロの裏芸を見るような感じでした。サキソフォン同士でやり合うの「松の廊下」の可笑しさは、どう表現していいのかわかりませんが、まるで鶏同士の喧嘩を見るような突っつき合いあり、威嚇あり、鳴き声ありと言った楽器を使ったドツキ漫才のようでした。         毎年、新春の洋輔さんのコンサートを訪れると、音楽っていうのは「音を楽しむ」ものだっていうことを実感させられます。でも、今回元気にコンサートを行くことが出来たのはユッケジャンクッパのお陰だと思います。今年も復活のユッケジャンクッパで「カプサイシン神話」継続です。   
追伸、夕食のチンジャオロースも効き目があったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/15

風邪にはカレーだ!

s-05.1.15これから出勤だというのに鼻水が止まりません。「I can stop!」って感じです。こういう時にはカレーですね。でも、カレーを作っている時間はないので、お手軽便利なカレーヌードルです。これに七味唐辛子を入れてカプサイシンパワーを増強すれば、もう完璧(何が完璧か・・・)でしょう。とういうのも、手元に風邪薬がないのです。目薬だとかオロナイン(^^; だとかはあるのですが、肝心の風邪薬がないのです。    それでは、こういう場合にはどう対処するかというと総合ビタミン剤で代用すればいいのです。知ってますか?ビタミンの頭文字は「B」じゃなくて「V」ですよ。V、Vで勝利の方程式です。新グロンサンはメジャーですから1回2錠ですが、マイナーなハイビタンは何s-kusuriと1回4錠です。などと書いていたら新グロンサンの方は1日3回の服用でハイビタンは1日1回の服用とのこと。ということはハイビタンの方が効果があるってことですか とりあえず、両方飲んでおきます。これで午後の仕事も楽勝でしょう。それにしても風邪薬がないということで生きていけるんですから、健康的な生活を送っています。その割には食生活は貧しい感じが否めませんが・・・さあ~チオビタ1本追加で乗り切りま~す。     追伸、エスファイトゴールドは、まだ開けていないので手をつけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

「輝け、泣き虫大賞!」’04、’03

ima-ainiyukimasuおかげさまで涙もろい年齢になってしまい、映画を観てもドラマを見ていても演劇を観に行っても、人目を気にしながら、よく涙してしまいます。花粉症は辛いなんて呟きながら自己防衛しても、しっかりと目元には涙が残っているんですね。結局、無駄な努力とわかっていても男は涙を人には見せましぇ~ん。   というイントロはさて置いて、唐突ですが、2004年栄えある「輝け、泣き虫大賞!」受賞作品は映画「いま、会いにゆきます」です。もう感動しました。獅童さんの「たっくん」大好きです。ピンポン以来の出会いって感じでしたが、良かった~泣いた泣いた泣けました~それに、竹内結子さんの「みお」さんも良かった~泣いた泣いた泣けました~泣き虫ランの基準で言えば三ツ星ものでした。ダントツ一位に決まりです。    去年が「いま、会い」だとすれば、2003年の受賞作品は・・・これは、もうこれしかありません。筧さんと広末さんが共演したダブルス「飛龍伝」ですね。幕が上がり「Fry me to the moon」を唄いながら登場するシーンから始まって、エンディングのステージを降りて観客席を駆け巡るところまで、久々に演劇で痺れました。中でも各大学の委員長が次々と倒れていく場面では、泣いた泣いた泣けました~本当のやさしさっていうのは結局失ってからわかるものなのでしょうか?純粋に生きることの難しさを今更ながら感じさせられました。今回の劇中歌の「パラダイス」最高でした!事前に練習していったので、舞台に上がって唄いたい気分になりましたが、CD化されないのでしょうか?「つか作品」の名曲です。カラオケで歌いたくて仕方ありません。今までの飛龍伝の中でも、筧&広末版「飛龍伝」の完成度は高かったと思います。とりあえず、去年と一昨年の「輝け、泣き虫大賞!」を選定してみました。   追伸、いつでも感動シーンで涙が出せるように今夜は水分?補給です。でも鼻水が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪華な焼き鳥ディナー

s-05.1.14
金曜日の夕食ですから豪華にしたいと思い、今夜は焼き鳥にシューマイにサラダです。完璧にブログを意識しています(^^;  明日は午後から仕事なので、今日は飲みたいと思います。というより、もうビールをいってます。少し鼻がムズムズしているので、次は焼酎か日本酒にしたいと思います。今、流し台の下を覗いてきたら、日本酒はほんの少々しか残っていませんでした。まずは、それを空けてから「いいちこ」にしたいと思います。まだまだ夜が長いのでゆっくりいきたいと思いますが、こう書いているうちに日本酒が終わりました。次はお湯割りというところでお湯を沸かすのを忘れていました。豪華なディナーのわりには侘しい雰囲気が漂うのは全て自分ひとりでやっているからなのでしょう。s-iichikoこうやって、お湯割で体が温まっても心の温もりだけはどうにもならないみたいです。日曜日は洋輔さんで熱くなるぜ!人肌が恋しい金曜日の夜でした。      
追伸、熱燗が一番ですけど、それより豪華さのない写真で、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高島アナ

s-aya
高島アナの本名は高島彩ということは周知のことだと思いますが、深夜で活躍していた頃は、よく「アヤパン」と呼ばれていました。しかし、最近ではそういう呼び方をあまり耳にしません。原因は最初に書いたところに起因しているのではないかと思うのです。アナ≒彩ですから、「アヤパン」が「アナパン」と誤解を受けてしまうという可能性が高いと思いませんか?   そうなると、アナ=穴ですから、「アヤパン」=「アナパン」=「穴の空いたパンツ」という発想に結びついていくわけです。だから、「アナパン」と誤解を受けることは大きなイメージダウンにつがるのではないでしょうか。    こんな下らないことは3パーミルぐらいの人しか考えないのかも知れませんが、高島アナ≒高島彩に気がついてしまってから、頭の中ではそういう論法が浮かんできてしまったのです。なんだかスゴイ発見をしたみたいで(青色発光ダイオードーに影響を受けたみたいです)眠気が飛んで目が冴えてきてしまいました。   個人的には高島アナの斜に構えた媚を売る話し方が嫌いなのだと思っているのですが、嫌いは好きの鏡だとある人に言われてから、本当は気に入っているのかも知れません。それが証拠にこんな写真まで持っているのですから、高島アナは好きなタイプなのでしょうかね~(^^; でも、やっぱりウッチー派かな~それより、いつか名前が「ANA」っていうアナウンサーが出てこないかな~「あなたはアナだ。ANAアナだ~」な~んてね。これじゃあ~今夜は眠れないみたいです。  追伸、写真を大きくする方法を偶然知りました。
記事を読んだらポチッとお願いします。→にほんブログ村 ポータルブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/13

新春恒例

s-DSC00298
今度の日曜日に山下洋輔さんのコンサートに行ってきます。新春恒例の企画ですが、一昨年の演奏後おまけで披露してくれた楽器のジャズ俳句・五七五は楽しかったな~バイオリンとかオーボエとかクラリネットとかクラシックの演奏家が真面目に楽器で俳句を詠むんですから、新年のお年玉って感じでした。去年は作家の筒井康隆さんがオペラ歌手と語り手という2足の草鞋で熱演を奮ってましたし、今年は「ジャズマン忠臣蔵」ということで楽器で四十七士です。フリージャズの真骨頂というキャッチですが、どうなるのでしょうか。    恒例と言えば今年も洋輔さんのボレロを聴くことができるのでしょうか。体力が続く限りボレロの独奏はお願いしたいものです。昔はフリージャズの草分け的存在だったのに、今ではクラシックとコラボレーションしたり、ビッグバンドと組んだり、活動範囲はどんどんと広がっています。    演奏以外にも、洋輔さんのエッセイもまた素晴らしく、軽妙な文体は繊細なピアノタッチのようです。もしまだ読んでない人がいましたら文庫本になっている「ピアニストを笑え」をお薦めします。読んでから演奏を耳で確認すれば、洋輔さんの素晴らしさが一段と理解できると思います。  暮れには「サザン」、新年には「洋輔さん」、残りは「つかさん」でしょ~うか。今年も大いに楽しませてもらいましょう。 追伸、男だけに興味があるのではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでんの順番

s-1.13さあ~て、今夜のメニューはおでんでした。それに良き伴侶、サトウのご飯の秋田こまちです。本当は熱燗など飲みながらおでんをいただきたいところですが、ブログがあるためお預けです。健康にはブログが一番でしょうか(^^;   でも、やっぱりなんだか体が飲み物を欲しているみたいです。我慢は体に良くないので、缶ビールとつまみを持って来たいと思います。   まだ、残業中の人も多いでしょうが、ひとりで「カンパ~イ!」    そこで今日のテーマ?ですが、おでんの順番っていうのは種類が多いので悩みますね~お店では考えるのが面倒なので、ついつい「お任せ~」なんて頼んでしまいますが、今日は真剣に考えてみました。3品ごとに注文するという前提で一皿目は・・・「うーん」やっぱり悩んでしまいます。大根とコンニャクはすぐに浮かんだんですが、あと一品が決まりません。とりあえず、昆布にしておこうかな。おかわりはタマゴと豆腐と薩摩揚げでしょうか。ゴボウ巻きも食べたいし、竹輪もツミレも注文したい気分です。ゲソなんかもいいですね。そうそう、スジも忘れちゃいけないですね。ちなみに今夜は何故か薩摩揚げから手をつけました。たぶん、カラシが一番つけやすそう?だったからでしょうか。うーん、何でだろう???おでんは悩みが尽きない食べ物のようです。二皿目の具も決まっていないのに・・・それともアルコールが回ってきたのかな~とりあえず、今夜はこの辺にしてビールに専念したいと思います。   追伸、タマゴを食べるタイミングも難しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/12

牛丼の思い出

s-DSC00290今夜は牛丼です。日ハムのレトルト食品の牛丼は3食でも400円を切って売っていることがあるので、結構重宝させてもらっています。ご飯を炊くということをしていないので、調理に要する時間は5分足らずです。サトウのご飯は生きていくためには欠かせません。牛丼の想い出というと「松屋」になります。最寄の駅に開店した時に、〆牛の味を覚えてしまったのです。〆牛というのは、お酒を飲んで遅くなった時に、締めに牛丼を食べるというパターンです。これを2ヶ月ぐらいやっていたら、4、5キロ太りました。〆牛パワー恐るべしです。寒空の夜にあったかい味噌汁を飲みながら牛丼を食べるっていうのは至福の時だと思います。ブログ2日目は「ですます」調になってしまった。統一性がないけどお許しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/11

フグの白子

s-DSC00285ブログデビューです。気ままに日記を書いていこうと思っているので、ヨロシク! 一昨日、久しぶりにフグ料理を食べに新橋へ出かけた。泳ぎてっさに鍋に唐揚げと一通り食べたのだが、追加で白子焼きを塩味でいただいた。食べた中ではこれが最高だった。ヒレ酒にぴったりといった感じである。でも、一人前1980円で3個しか出て来なかった。それなのに貧乏根性で次酒を2回もしてしまった。寒い時期には、フグの白子とヒレ酒はもってこいである。それにしてもお店は混んでいたな~みんなお金があるんだね。フグを食べると強烈に財布が寒くなるのだが、休日だというのに4階まで満員でした。その結果、今夜の夕食はマルちゃんの力うどんだよ。あぁ~虚しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年2月 »