« 石井のアピール&イチローのインパクト | トップページ | 日本シリーズ三昧って、どう? »

2006/03/06

WBC予選で学んだこと

昨日のWBC韓国戦での負け方を見ると、まるで交流戦の時のドラゴンズを見ているようでしたね。どう頑張っても、リ・スンヨプには打たれて最後は負けるというシナリオになっている感じでした。でも、今回は王・ジャパンですよ、投壊のパターンは東海のドラゴンズだけで結構でしたね。(2次予選には学習効果を)それでも元ドラゴンズのソン・ドンヨルやリー・ジョンボムの懐かしい姿が見られて嬉しかったです。まだ1次予選ですし、国際スターの孝介もアジアラウンドではあの程度のプレーで十分だったでしょう。本人はたぶん都市対抗と間違えていたと思いますから、海外で本領を発揮してもらいましょう。(ずっと間違えていたら活躍はムリかも。。。)
さて、今回のWBCでは投球数の制限がありましたが、日本高等学校野球連盟も選手の将来を見据えて導入を検討してはどうでしょうか。そりゃあバックについているテレビ局や新聞社はいい顔をしないでしょうけど、甲子園の優勝投手がプロに入って短命で終わる姿を何度も見てきました。(怪物・松坂は別格ですが)不祥事だけは団体責任という大義名分で厳しく扱ってきましたが(最近は多少寛大な判断もあります)、もっと選手の将来のことを考える時期に来ているのではないでしょうか。大人のエゴが入り混じって運営される甲子園ですが、主役はいつの時でも「高校球児」なのですから、将来の夢を摘み取り肩や肘にメスを入れる高校球児を減らすためにも、大会運営にメスを入れてもらいたいですね。最後に、次長課長の河本のギャグ「おまえに食わせるタンメンはねえ!」風に言うならば、「大人に踊らされて短命はねえ!」って感じですね。

|

« 石井のアピール&イチローのインパクト | トップページ | 日本シリーズ三昧って、どう? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC予選で学んだこと:

» WBC 今日は韓国と [だらごんず]
WBCアジアラウンドは、日本と韓国が2勝0敗同士で最終戦を迎えました。 両国とも一次リーグ通過が決まっており、今日は何位で一次リーグを終えるか、という勝負です。 シゲさまは本戦に入ってからはほとんど出場していません。 ですが、最年長コンビの宮本選手(...... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 20:29

» WBCアジアラウンド最終戦・日本×韓国戦 [頭をバックアップ]
WBCアジアラウンド第3戦・日本×韓国戦を見ました。 結論から言っちゃいますが(笑)、くぅ〜また負けた、くやし〜(o;。 [続きを読む]

受信: 2006/03/06 23:53

« 石井のアピール&イチローのインパクト | トップページ | 日本シリーズ三昧って、どう? »